最新情報

国連WFPの支援活動の現場から、様々なストーリーをお伝えします
フィード購読する

Syria
06 December 2017

シリア・東グータの人々が直面する極限状態とは

過去4年間に渡る東グータの包囲により、40万人が食糧、医薬品、その他の必需品の定期的な供給を受けられなくなりました。
生死をかけた状況は、唯一物資を得ることのできたアルワフィディーン・キャンプに続く道路が9月に占領、封鎖されたことで悪化しました。それ以降、国連WFPが食糧を提供してきましたが、支援を必要とする家族を救うためには、より多くの資金と道路通行の許可が必要です。飢えや貧困と戦っている家族が私たちに語った話をご紹介します。

学校給食
05 December 2017

カンボジア、畑から教室へ:児童の空腹を満たす地域社会の工夫

28万6,000人のカンボジアの子どもたちにとって、朝食は一日の中で一番重要な食事です。1999年から国連WFPは子どもたちが登校し、授業や遊びに集中できるようにするために栄養価の高い食事を提供してきました。2015年に始まり、広がりを見せる地産地消の学校給食支援。食材の調達や運搬などに関する地域の人々との協力体制をご紹介します。

Emergencies
21 November 2017

日本政府、国連WFPを通じバングラデシュに1,500万ドルの支援

バングラデシュ発―ミャンマーで激しい衝突が発生し、多くの人々がバングラデシュに逃れている状況を受け、日本政府は避難民に対して国連WFPを通じ、16億5,000万円(1,500万ドル)の資金協力をすることを決めました。19日には河野太郎外務大臣がコックスバザールの難民キャンプを訪問しました。

Focus on Women
08 November 2017

お手製のエプロンで感謝の気持ちをジンバブエから日本へ

アフリカ・ジンバブエ南部のマシンゴ州チレジ郡では、干ばつや洪水被害に見舞われた11,000人以上に対し、日本からの支援を用いて、緊急食糧支援が届けられました。9月、チピレ地区で日本大使館と国連WFPにより食糧の引渡式が行われた際、国連WFPの食糧袋を再利用し、リメイクしたエプロンを身に着けたノミサ・バロイさんに話を聞きました。

学校給食
31 October 2017

カメルーン:紛争から逃れて。それでも学校に行きたい

紛争によって故郷を追われながらも、何とか勉強を続けたいと願う子どもたち。中部アフリカ、カメルーンの北部に位置するロゴーヌ=エ=シャリの村々で暮らす6歳から13歳までの子どもたちです。しかし、資金不足により国連WFPの学校給食支援を受けられていない、そんな子どもたちの声を届けます。

学校給食
18 October 2017

ネパール:学校給食がはぐくむ勉強への情熱

ネパールの貧しい農村で女の子が生きていくことには多くの困難が伴います。スムリティのような子どもたちにとって、毎日、学校給食があるということは、栄養たっぷりの食事をとることができるということと、学校で勉強できるということの二つの意味をもちます。

04 October 2017

10月16日世界食料デー記念シンポジウム「移住と食料問題」

国谷裕子さん(NHK「クローズアップ現代」の元キャスター・日本担当FAO親善大使)と一緒に、世界の食糧問題を考えてみませんか?(参加無料)

学校給食
03 October 2017

つながる支援:調理ボランティアや地元農家として学校給食支援を支える

アフリカ・マラウイのデメラ小学校には、1〜8年生までの1,400人以上の児童が通っています。地産地消の学校給食を進める同校で、ボランティアとして4年前から週1回、給食を調理・提供するボランティアとして活動する一方で、本業の農家としても、国連WFPが支援する農業組合を通して食材を卸しているマレカノさんに話を聞きました。

Refugees and IDPs
12 September 2017

食糧支援がミャンマーの暴力から逃れた人々に届く

現在、ミャンマーとの国境付近にあるバングラデシュのコックスバザールには、着の身着のままで、ミャンマー北部のラカイン州での暴力から逃れてきた多くの人々が詰めかけています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、過去2週間でバングラデシュに避難してきた人の数を27万人と推定。ユニセフ(国連児童基金)はその最大80%が女性や子どもであるとしています。

Refugees and IDPs
29 August 2017

「万事に備える大切さ」トルコ・アンカラ事務所 橋本のぞみ

国連WFPトルコのアンカラ事務所長を務める橋本のぞみは、トルコへ逃れた人々への食糧支援としての現金支給における重要な役割を担っています。現在、アンカラ事務所は、トルコ国内の43の県に暮らす約45万人への対応を行っています。これまで、国連WFPで働き始めて8年、ウガンダや南スーダンなどの緊急支援の現場で支援に携わってきた橋本に、トルコにおける支援活動について聞きました。