最新情報

国連WFPの支援活動の現場から、様々なストーリーをお伝えします
フィード購読する

Ambassadors
06 July 2016

知花くららさん、最貧国マラウイを訪問〜貧困と災害に負けない力を〜

国連WFP日本大使の知花くららさんが6月、アフリカ南東部のマラウイを訪問しました。

WFP Ambassadors
05 July 2016

竹下景子さん、内戦後の復興を目指すスリランカを視察

国連WFP協会親善大使の竹下景子さんが5月下旬、スリランカを視察で訪れました。同国は2009年まで26年間続いた内戦の影響で、今も全人口の22%にあたる470万人近くが栄養不良の状態にあります。

Earthquakes
27 June 2016

【熊本支援報告】即戦力となる人材の提供

熊本地震を受け、国連WFPは物流支援を開始し、その一環として支援チームの派遣を行いました。今回は、国連WFP職員熊本支援チームの現地での活動をご紹介します。

Nutrition
16 June 2016

内戦からの復興を目指すスリランカ、母子栄養支援の現場を訪問

南アジアの島国スリランカは、2009年まで26年間続いた内戦により、社会的及び経済的に甚大な被害を受けたため、今も全人口の22%にあたる470万人近くが栄養不良の状態にあります。栄養不良により低体重の子どもやお母さんへの母子栄養支援を行う診療所を訪れました。

31 May 2016

「最初の1,000日間」の重要性 ~フィリピンでの母子栄養支援~

妊娠から2歳の誕生日を迎えるまでのおよそ1,000日間、この期間の栄養改善を促すため、国連WFPは、各国政府とともに妊娠中及び授乳中の母親と子どもに対して栄養支援を行っています。支援国のひとつ、フィリピンの南部地域では、2015年以来1万1,000人以上の母子に栄養支援を実施しました。

27 May 2016

竹下さん、スリランカ洪水の被災地へ

スリランカでは5月15日から降り続いた大雨の影響により、各地で洪水や地滑りが発生し、23日時点で100名近くが亡くなり28万人以上が被災するなど大きな被害が出ています。現地視察でスリランカを訪れていた竹下景子国連WFP協会親善大使が被災地を視察しました。

26 May 2016

アンダーソン 国連WFP日本事務所代表と忍足国連WFP協会顧問が熊本を訪問

5月20日~21日、スティーブン・アンダーソン 国連WFP日本事務所代表と忍足謙朗 国連WFP協会顧問(元国連WFPアジア局長)が熊本を訪問し、避難所の状況や国連WFPが現地に建てた大型可動式倉庫、そして職員が派遣されている全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)などを視察しました。

20 May 2016

黒柳徹子さん出演!「持続可能な開発目標」PRビデオ

「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「すべての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」ー。「持続可能な開発目標(SDGs)」とは、世界を変えるため、2030年までに達成すべき17の目標をまとめたものです。

Earthquakes
11 May 2016

熊本支援 嘉島町ではボランティアセンターに

昨日、嘉島町では、熊本県内で2棟目となる国連WFPの可動式倉庫が完成しました。長さ24m x 幅10m の大型倉庫は、ここでは物資倉庫ではなく災害ボランティアセンターとして使用されることになり、さっそくボランティアさんを迎える準備が始まりました。

Earthquakes
06 May 2016

熊本支援、大津町に国連WFPの大型倉庫が完成

本日、国連WFPの可動式倉庫が、熊本県の大津町に完成しました。長さ 24m x 幅10m の大型倉庫は、時折、雨の降る中、被災された地元の方々や、大津町職員の方々、ボランティアの皆様、国連WFP職員が力を合わせて組立てました。