Skip to main content

飢饉は決して避けられないものではありません。適切な計画と調整があれば、それを防ぐことができ、何百万人もの命を救うことができます。

 

飢饉とは、栄養不良が蔓延し、十分で栄養価の高い食料が手に入らず、人々が餓死し始めたときに宣言されます。不平等は重要な要因であり、特に所得が低いために、何百万人もの人々が手の届く値段で食料を手に入れることができない状況になっています。

 

2021年には、43以上の国4,100万人の人々が食料不安の「緊急」段階にあり、飢饉宣言まであと一歩のところまで来ています。現在、最大の脅威はイエメン南スーダンにあります。最も脆弱なグループの中には、飢餓の最前線にいる国内避難民や難民が含まれており、その多くは生存のために食料援助に完全に依存しています。

 

飢饉の最大の原因のいくつかは、紛争と気候変動です。国連WFPは、戦争を終わらせ、気候変動の影響に対処するための資源がなければ、世界の飢餓をなくすという課題には手が届かないと考えています。新型コロナウィルスのパンデミックは、食料生産と供給が深刻な混乱に陥り、失業者が急増する中で、経済の低迷を含む他の脅威とともに、これらの脅威をさらに悪化させています。

 

国連WFPは約60年前に設立されて以来、世界の飢饉対応の最前線に立ってきました。この60年の間、私たちは何十もの飢饉対応活動を指揮し、参加し、何百万人もの命を救ってきました。また、2018年には戦争で荒廃したイエメンで、国連WFPの活動を大規模に拡大し、同国を危機から救い、飢饉を未然に防いできました。

 

今日、国連WFPの食料支援は、何百万人もの男性、女性、子どもたちにライフラインを提供し続けています。私たちは、最前線の現場で、革新性、技術を組み合わせて、飢饉の脅威を特定し、予測し、対応し、世界に警告を発しています。

 

国連WFPの活動拠点とロジスティックスの専門知識は、飢餓危機の可能性を迅速に評価し、対処する「飢餓早期警報システム・ネットワーク」などの人道的パートナーシップにおける国連WFPの重要な役割を支えています。国連WFPのハンガー・マップ・ライブは、脅威にさらされている地域やコミュニティを追跡・予測し、緊急サービスマーケットプレイスは、通常のチャネルが途絶している場所に救命用の物資を配布しています。

 

これらの取り組みを通じて、寄付者からの支援と他の人道的組織とのパートナーシップにより、私たちは飢餓を食い止め、地域社会を飢餓の瀬戸際から引き戻すことができます。