Skip to main content

国連WFP アフガニスタンの1000万人への食料配給を削減せざるを得ない状況に:さらなる飢餓悪化へ

カブール – 国連WFPは今月、アフガニスタンでさらに200万人を食料支援の対象から外すことを余儀なくされ、同国で今年国連WFPの食料支援を打ち切られた人の数は1,000万人に達しました。深刻な資金不足のため、今後国連WFPが緊急食料支援を届けられる人の数は月300万人となります。

Photo: WFP/Hasib Hazinyar

 

「すでに飢餓と栄養不良が憂慮すべき状況にある中、私たちは飢えに苦しむ人と餓死寸前にある人びとの間で一方を選ぶという苦渋の決断を迫られ、支援を打ち切られた何百万もの家庭は次の食事を求めて奔走しています」と国連WFPアフガニスタン国事務所のシャオ・ウェイ・リー代表は述べます。「私たちに残されたわずかな資源では、困窮の淵に立たされているすべての人に支援を提供することはできません。」

 今年3月、国連WFPはすでに緊急レベルの飢餓に直面しているコミュニティへの食料配給を75%から50%に削減。4月と5月には、800万人への食料支援の打ち切りを余儀なくされました。国連WFPは、特に女性たちにとって最後の命綱であることが少なくありません。女性は、生計を立てる手段、子どもたちを養うための手段が限られ、アフガニスタンの社会からますます追い出されつつあります。
 
今回の配給削減は、140万人の妊産婦とその子どもたちが、栄養不良を予防するための栄養強化食品を受け取れなくなることを意味します。国連WFPは、子どもたちがより深刻な飢餓状態に陥るにつれ、栄養センターに入院する子どもの数が今後数カ月で急増すると予想しています。
 
今後6カ月の間、国連WFPは2100万人に対して命を救うための食料、栄養、生活支援を提供するために10億米ドルを必要としています。これには、アフガニスタンの厳しい冬の間、交通手段が断絶してしまうコミュニティのために、食料を事前に備蓄するための資金も含まれます。
 
「アフガニスタンの大惨事を回避するためのわずかな機会は残されていますが、私たちには時間がありません」とリー代表は述べます。「今私たちが行動を起こさなければ、40年にわたる紛争、破綻した経済、悪化を続ける気候変動の影響を受ける、最も弱い立場にある女性や子どもたちがその代償を支払うことになります。」
 
この発表は、世界の指導者たちが集まり、飢餓を含む開発に関する世界的な主要課題について議論が交わされる、ニューヨークで今月開催される第78回国連総会に先立つものです。世界的にニーズが急増するなか、国連WFPは各国政府に対し、人道支援活動への資金拠出を優先するよう求めています。
 
国連WFPは、深刻な飢餓が記録的な水準に達している今、大幅な資金不足に陥り、命を救うための食料支援の縮小を余儀なくされています。国連WFPが支援を行っている国のほぼ半数が、食料、現金、栄養支援プログラムの規模と配給量を既に削減しているか、近く削減する予定です。

 

編集者の方へ:

放送用映像はこちらから

高画質画像はこちらから
 

#                 #                   #

 

国連世界食糧計画について

WFP国連世界食糧計画は飢餓ゼロを使命として活動する世界最大の人道支援組織であり、緊急時に人の命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響を受けた人びとのために、平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

Follow us on Twitter @WFP_JP @wfp_media @WFP_Afghanistan

トピック

アフガニスタン 資金調達

お問い合わせ

Philippe Kropf, WFP/Kabul,
Mob. +93 707 271 901

Wahidullah Amani, WFP/Kabul,
Mob. +93 706 004 884

Monica Upadhyay, WFP/Bangkok,
Mob. +66 624 063 510

Isheeta Sumra, WFP/Rome,
Mob +39 347 1814 398

Nina Valente, WFP/ London,
Mob. +44 796 8008 474

Martin Rentsch, WFP/Berlin,
Mob +49 160 99 261 730

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. +1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993