Skip to main content

マダガスカル南部:政府と国連が飢饉のリスクに警鐘、支援を要請

Photo: WFP/Krystyna Kovalenko, a child living in the Sihanamaro Commune, one of epicentres of food security crisis in the Grand Sud of Madagascar.
Photo: WFP/Krystyna Kovalenko, a child living in the Sihanamaro Commune, one of epicentres of food security crisis in the Grand Sud of Madagascar.
最悪のシナリオを回避するために、食料援助と農業生活支援の両方を拡大することが急務です。

マダガスカル、アンタナナリボ ― マダガスカル南部では、日を追うごとに飢餓が深刻化し、多くの命が危険にさらされています。国連食糧農業機関(FAO)とWFP国連世界食糧計画(国連WFP)の2つの機関が、目に見えない人道的危機に国際的な関心を向けようと警告を発しています。

マダガスカル南部の約114万人が高いレベルの急性食料不安に直面しており、そのうち約1万4千人が「カタストロフィー」(フェーズ5:総合的食料安全保障段階分類(IPC)の5段階のうち最も高いレベル)に陥っています。

 

2016年にIPCの手法が導入されて以来、マダガスカルでフェーズ5の人々が記録されたのは初めてのことです。今すぐ緊急の対策を講じない限り、2021年10月から始まる次の「リーンシーズン」(次の収穫を前に食料が不足する時期)には、「カタストロフィー」カテゴリーの人々の数が倍増すると予想されます。

 

干ばつ、砂嵐、動植物の病害虫、新型コロナウィルスの影響により、最も被害の大きかったアンボアサリ・アトサイモ地区(Amboasary Atsimo district)では、4分の3もの人々が悲惨な状況に直面しており、世界の急性栄養不良率は27%という驚くべき数値を超え、子どもたちに取り返しのつかないダメージを与えています。

 

「もはや問題はどれだけ悪いかということではなく、最悪の状況です。子どもたちが飢え、死んでいるのです。私は、生後2カ月にしか見えない8カ月の子どもを持つ母親に会いました。彼女はすでに年上の子供を亡くしていました。」先日、最も被害の大きかった地域のひとつであるシアナマロを訪れた国連WFPのアメル・ダウディ上級オペレーションディレクターは、次のように述べています。「村全体が閉鎖され、都市部に移っていくのをすでに目の当たりにしています。これは、すでに脆弱な状況にさらなる圧力をかけています。」

 

過去40年間で最悪の干ばつは、3年連続で発生しており、収穫物は全滅し、人々の食料へのアクセスが妨げられています。干ばつの影響の他にもすでに、長年にわたる森林伐採とそれに伴う侵食(現在は気候変動によってさらに悪化)が環境を荒廃させ、未曾有の砂嵐が広大な耕作地は荒地になっていました。

 

2019/20年の農業シーズンでは、食料生産量が激減しました。その後、2020/2021年にも降雨量が少なく、5年連続で島の半乾燥地帯である南部で平均以下の雨が続いたことで、状況はさらに悪化しました。

 

2021年のコメ、トウモロコシ、キャッサバ、豆類などの収穫量は、5年平均の半分以下になると予想され、2021年10月から長期にわたる深刻な「リーンシーズン」(次の収穫を前に食料が不足する時期)が到来することになります。

 

「マダガスカル南部で深刻な食料不安に直面している人々の95%が農業、畜産業、漁業で生活しているということは、直感に反する事実です。干ばつに次ぐ干ばつによる長年の不作と、天候による漁業への被害が、人々を窮地に追い込んでいます。私たちは、家畜を生かし、種子、灌漑、農業道具、漁具などを提供して、地域の食料生産と入手可能性を迅速に向上させるために、緊急に行動を起こさなければなりませんが、長期的には、より気候変動に強い農業生活を構築する必要性を無視することはできません。」と、FAOのドミニク・ブルジョン緊急事態・レジリエンスディレクターは述べています。

 

脆弱な世帯の生活が大きく損なわれ、食料へのアクセスが低下していることを考えると、農業コミュニティに種子や道具などの必要な資材を提供することは、地元での食料生産を再開し、収入を得て、回復力を高めるために不可欠です。このような農業や農村生活への支援は、非常食を補完し、家族が生き延びるために農機具や調理器具などの生産するための資産を売ることを防ぎます。

 

命を救うために緊急に必要な資源

 

マダガスカルの人道的食料の在庫は少なくなっています。国連WFPが物資を運んでいますが、インフラや道路網の不備により、最も被害の大きい地域へのアクセスが妨げられています。新型コロナウィルスの規制により、マダガスカルへの航空便はすべて停止しているため、重要な人道的貨物は船でのアクセスに限られており、寄付金を人道的支援に変えるまでの時間が大幅に増加しています。

 

 2020年10月以降、政府と国連WFPは、5歳未満の子どもや妊娠・授乳中の女性の中等度の急性栄養不良を予防するための補助食品の配布と、一般的な食料配布を組み合わせて、約75万人を段階的に支援してきました。しかし、食料不安の危機は急速に拡大しており、現在の支援では飢饉の影響とリスクを相殺するのに十分ではありません。国連WFPは、マダガスカル南部の災害を回避するために、今後6ヶ月間で7,400万米ドルを緊急に必要としています。

 

一方、政府とFAOは、約2万の農家(約16万人)に対し、成長の早い野菜の種子を提供するとともに、干ばつに強い農業戦略や収穫後のロス削減のためのトレーニングを行うなど、生活支援を行ってきました。同時に、FAOは家禽やヤギ、羊を生かすための飼料や健康キットを配布しました。家庭での食料生産が少しでも増えれば、リスクにさらされている家族に大きな変化をもたらすことができます。このような支援を大幅に拡大する必要があります。

 

FAOは、今後の貧困期から年末までの間に、さらに225,000世帯の農家に命を救う支援を行うために、4,000万米ドルを緊急に必要としています。

 

心が高まっている中で出されたものであり、最近発表された「食料危機に関するグローバル報告書」も緊急性を高めています。アントニオ・グテーレス国連事務総長が今年の#FightFamineに向けて国際的な連帯を呼びかけたことを受けて、FAOと国連WFPは、人道的な食料援助と生活支援のために55億米ドルの緊急資金提供を呼びかけています。

 

高品質のビデオはこちらから

 

高画質の写真はこちらから

 

                                          #                              #                                  #

 

国連世界食糧計画(WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

 

トピック

Madagascar 緊急支援 食料安全保障 ローマに拠点を置く機関

お問い合わせ

Volantiana Raharinaivo, FAO/Antananarivo,
Volantiana.Raharinaivo@fao.org
+261 32 04 708 19

Zoie Jones, FAO/Regional Office for Africa,
Zoie.Jones@fao.org
+39 331 431 0003

Aina Andrianalizaha, WFP/Antananarivo,
Aina.Andrianalizaha@wfp.org
+261 32 23 605 82

Shelley Thakral, WFP/Johannesburg,
shelley.thakral@wfp.org  
+91 6309927371

Isheeta Sumra, WFP/Rome,
isheeta.sumra@wfp.org
+39 3471814398