Skip to main content

見えざる危機:国連WFP事務局長が餓死寸前のマダガスカルの人びとへの支援を要請

Photo: WFP/ Shelley Thakral
Photo: WFP/ Shelley Thakral
マダガスカル・アンボボンベ ― WFP国連世界食糧計画(国連WFP)のデビッド・ビーズリー事務局長は、マダガスカル南部を覆う目に見えない危機を目の当たりにし、コミュニティ全体が餓死の危機に瀕していることから、世界に向けて行動を起こすよう呼びかけています。

「私が出会った女性や子どもたちは、命を懸けて何時間も歩いて食料配給所にたどり着いた人々でした。このような人たちは、ここにたどり着くことができるだけの健康な人たちでした」と、この地域の栄養センターを訪れたビーズリーは述べています。

 

「マダガスカルでは連続して干ばつが発生しており、コミュニティは飢餓の危機に瀕しています。家族は苦しみ、人々は深刻な飢えですでに亡くなっています。これは戦争や紛争のせいではなく、気候変動によるものです。この地域は気候変動の引き金となることをしていないのにも関わらず、今、最も高い代償を払っているのは彼らなのです」と述べています。

 

マダガスカル南部は過去40年間で最悪の干ばつに見舞われており、114万人以上が食料不足に陥っています。そのうち、14,000人がすでに壊滅的な状況(統合食料安全保障段階分類(IPC)フェーズ5)にあり、10月までに28,000人に倍増すると推定されています。

 

状況の深刻さから、何千人もの人々が食料を求めて移住しなければならず、残った人々は野生の食料を探すなど、生き延びるために極端な手段をとっています。遠隔地にあり、道路インフラも脆弱なため、この地域にアクセスできる人はほとんどいませんでした。

 

マダガスカルの5歳以下の子供の全急性栄養不良(GAM)は、この4ヶ月間でほぼ倍増し、16.5%という危険な数値に達しています。特に被害が大きいのはアンボボンベ地区で、GAMの割合が27%に達し、多くの子どもたちが命の危険にさらされています。

 

「これでは、どんなに厳しい人道主義者でも涙を流すしかありません」とビーズリーは述べています。「家族はこの数ヶ月、赤いサボテンの実や野生の葉、イナゴなどを食べて生活しています。干ばつが何千人もの罪のない人々の命を脅かしているのに、ここに住む人々に背を向けることはできません。今こそ立ち上がって行動し、気候変動の流れを食い止めて命を救うために、マダガスカル政府を支援し続けなければなりません」

 

国連WFPは、昨年末からマダガスカル政府や他のパートナーと緊密に協力し、深刻な飢餓に対処してきました。しかし、危機が深まるにつれ、さらに支援を強化しなければなりません。先週、ビーズリー事務局長はは首相や高官と会談し、この危機に対する即時的および長期的な解決策を確認しました。

 

防ぐことのできる悲劇を止めるために、国連WFPは次の収穫期直前に最も食料が不足する時期(リーンシーズン)に命を救う食料を提供するため、7,860万米ドルを必要としています。

 

マダガスカルの写真はこちらから

 

マダガスカルのビデオ映像はこちらから

 

                                          #                              #                                  #

 

WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

 

トピック

Madagascar 事務局長

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Shelley Thakral, WFP/Johannesburg,
Mob. +91 6309927371

Isheeta Sumra, WFP/Rome,
Mob. +39 3471814398

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Martin Rentsch, WFP/Berlin,
Mob +49 160 99 26 17 30

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993