Skip to main content

マダガスカル南部は干ばつにより何百万人もの人々飢餓に直面

The combined effects of the drought, the pandemic COVID-19 and the insecurity upsurge have undermined the already fragile food security and nutrition situation of the population of southern Madagascar, Amboasary district, Madagascar. Photo: WFP/Tsiory Andriantsoarana.
干ばつ、新型コロナウィルス・パンデミック、そして不安の高まりの複合的な影響は、マダガスカル南部アンボアサリー地区の人口のすでに脆弱な食料安全保障と栄養状況を蝕んでいます。Photo: WFP/Tsiory Andriantsoarana.
アンタナナリボ - マダガスカル南部は人道的な大惨事に陥っており、150万人、つまりこの地域の人口の半分が緊急の緊急食糧援助を必要としていると、国連世界食糧計画(WFP)は本日警告しました。3年連続の干ばつは、収穫物を一掃し、人々の食料へのアクセスを妨げており、そして、新型コロナウィルスは彼らの苦しみを悪化させています。

「危機的」または「緊急」な飢餓状態に陥っている人々は、予測の3倍もの数に上っていますが、その多くは子どもと女性です。

 

最も被害の大きかった南部の10の地区のうち、アンボアサリ地区がその震源地でした。家族は、生のマンゴーやタマリンドだけが唯一の食料源であり、十分な食料をかき集めるのがやっとです。母親はもはや母乳を与えることができず、不足している乳児に水を与えなければなりません。先月、アンボアサリで行われた国連WFPの評価では、4人の子どものうち3人が学校を辞めていることがわかりました。

 

「私たちが目の当たりにしている飢餓と栄養不良は、3年間の収穫の失敗の結果です。干ばつに悩まされた地域の家族は、生き延びるために、牛や農具、台所用品などの貴重品を売るという絶望的な手段を取っています」と、国連WFPのマダガスカル事務所モウミニ・オウドラオゴ代表は述べています。

 

国連WFPは10月、最も被害の大きかった10の地区で32万人の深刻な食料不安に苦しむ人々のためにレンズ豆、ソルガム、強化油、米の派遣を開始し、アンボアサリーでは栄養不良の子どもや高齢者のために温かい食事を提供しています。しかし、資金不足のため、食料支援がニーズの高まりに追いついていません。

 

「南部の状況は緊急の対応を必要としています。人々は何も食べるものがなく、手遅れになる前に支援しなければなりませんが、そのためには今すぐドナーからの緊急支援が必要です」とウエドラオゴは訴えます。

 

国連WFPは、迅速に対応を拡大しすでに世界で最も高い水準にある子どもの栄養不良率をこれ以上悪化させないために、3,750万ドルを必要としています。食料や現金の配布と栄養不良の予防を通じて、国連WFPは来年6月までに89万1,000人に手を差し伸べることを目指しています。また、子どもたちが勉強を続けられるように、学校への緊急給食も実施する予定です。

 

しかし、現在のリソースでは、12月までに約50万人を支援することはできません。

 

マダガスカルでは、5歳未満の子どもたちの半数近くが慢性的な栄養不良や発育不全に陥っており、脳や身体の機能が回復不可能な状態に陥っている可能性があります。

 

写真はこちらからご覧いただけます。

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

 

トピック

Madagascar 干ばつ 緊急支援 食料安全保障

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Aina Andrianalizaha WFP/Antananarivo,
Mob: +261 322360582

Deborah Nguyen WFP/Johannesburg,
Mob: +27 0826890915

Gerald Bourke WFP/Johannesburg,
Mob: +27 082 908 1417

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Elizabeth.Bryant, WFP/Rome,
Mob. +336 3243 3273

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan,

Mob. +81 70 4173 9255