最新ニュース


Students And Teachers
07 September 2010

ネットクイズに答えて途上国に米を寄付 ~Freerice 新バージョン公開!~

クイズに答えると一問正解するごとに途上国に米10粒を寄付できる無料のインターネット・サイト「Freerice(http://www.freerice.com)」の新バージョンが、9月7日、正式公開されました。
ED's Centre
01 September 2010

危機が拡大するパキスタン シーランWFP事務局長が被災地を訪問

8月31日、ジョセット・シーランWFP事務局長がパキスタンの洪水被災地を視察した。 ヘリコプターに乗り、上空から水浸しになった農地や村を目の当たりにしたシーラン事務局長は、改めて今回の洪水の被害の大きさを実感したという。「この大洪水で、農作物はおろか、種まきに必要な種も流され ました。現地の人たちは飢餓、住居喪失、絶望という三つの脅威にさらされています。事態は極めて深刻です。パキスタンの人々を救済するため、継続的な支援が必要です」と話した。
Floods
31 August 2010

日本政府、パキスタン洪水被災者へ迅速な食糧支援

横浜発:日本政府は、WFP 国連世界食糧計画のパキスタン洪水被災者への支援活動に対し、600万米ドル(約5億2千万円)を緊急に拠出した。
26 August 2010

日本政府、WFPを通して11カ国へ食糧支援

横浜発:日本政府は、WFP 国連世界食糧計画へ46億円に及ぶ拠出金を供与した。この拠出金は、WFPの11カ国における栄養失調の子ども、妊婦、授乳中の母親、高齢者、病人など最も弱い立場にいる人々を対象とした食糧支援に活用される。
19 August 2010

WFPアジア地域局長 忍足謙朗講演会

国連WFP協会は、2010年7月29日(木)、WFPアジア地域局長の忍足謙朗による、評議員企業・団体様向けの講演会を開催しました。講演会の内容をご紹介します。
Floods
18 August 2010

パキスタン 支援活動が拡大する一方で高まる必要性

イスラマバード発:WFPは、大洪水の被害が広がるパキスタンにおいて、悪天候や道路などのインフラの損壊により食糧配給が困難を極めるなか、支援活動を大幅に拡大している。
13 August 2010

パキスタン大洪水

ここ80年で最悪と言われる洪水がパキスタン北西部で発生してから、およそ6ヶ月が経過しました。WFPは洪水発生直後から食糧支援を開始。およそ520万人に食糧支援を行いました。現在は、被害状況に合わせて、インフラの再建など社会基盤の復興を助ける支援事業を強化しています。
13 August 2010

日本からのタジキスタンへの支援

タジキスタンは中央アジアに位置し、アフガニスタン等に国境を接する、人口750万人の国です。人口の半分以上は一日1.33ドル以下で生活しており、4分の3が農村に住んでいます。WFPなどが2008年に行った調査によれば、タジキスタンの農村人口の3分の1に相当する170万人は、十分な食糧を得られていません。タジキスタンにおいて、日本からの支援がどのように活用されているかをご紹介します。
Floods
13 August 2010

パキスタンの大洪水 600万人に支援が必要

イスラマバード発:パキスタンで発生した大洪水では1200万人から1400万人が被災し、南アジアでこれまで発生した自然災害の中でも最も甚大な被害をもたらしている。
Floods
06 August 2010

パキスタン大洪水 ヘリコプターによる食糧空輸

イスラマバード発:WFPは5日、ヘリコプターによる食糧の空輸を開始した。パキスタン政府から提供された6機のヘリコプターを動員し、洪水により孤立したパキスタン北西部スワート地域の人々へ食糧を届ける。