Skip to main content

エチオピア・ティグライ地方における人道支援と食料・栄養の安全保障に関する声明

アディス・アベバ/ローマ ― 国連WFPは、ティグライ州の人々の緊急の人道的ニーズを満たすために、集団的な対応を迅速に拡大するために、エチオピア政府と人道コミュニティ全体との間の強力なパートナーシップの必要性を確認しました。

最近、安全・保安担当事務次長、難民高等弁務官、国連WFP事務局長を含む国連高官がエチオピア政府と積極的な対話を行いました。

 

これらの対話は、ティグライの人道的ニーズに対処するために政府とパートナーが行っている措置を認めたものです。また、人道支援は遅滞なく拡大・強化されなければならないとの結論に達しました。

 

食料と栄養の安全保障の状況は特に厳しくなっています。最新の推計によると、ティグライ地方では250万人から300万人が緊急食料援助を必要としています。報告書によると、栄養状況は、幼児や妊娠中・授乳中の母親が最も脆弱であることから、より大きな注意が必要であることが示されています。私たちは、彼らを支援するために、一緒に、より多くのことをしなければなりません。

 

エチオピア政府との協議を経て、国連WFPは、ティグライにおける人道的アクセスに関する国連とエチオピア政府との間の既存の合意の下で、以下のことを確認することができました。

 

  • 国連およびパートナー機関は、2020年11月にティグライから移転したすべての国スタッフが、関連する国連およびパートナーのガイドラインに従って、同地域の職務に復帰することを認めるよう強く求められる。また、ティグライ以外の地域の当直所に勤務する追加のナショナル・スタッフも、関連する政府機関との協議に基づき、特定された能力のギャップを埋めるために、地域に再配置することができる。

 

  • 国連および人道的パートナー機関からの、ティグライ州内およびティグライ州内への国際スタッフの移動に関する要請は、緊急に検討され、提案された職務と責任に基づいた明確な回答が得られる。以前に提出されたいくつかの要請はすでに承認されており、他のいくつかの要請もまもなく承認される予定である。

 

  • 人道的機関で働く外国人スタッフの入国ビザ申請は、緊急に審査され、提案されている任務と責任に基づいて優先的に審査される。

 

  • 国際基準とエチオピア自身の人道支援における豊富な経験を踏まえ、政府とパートナーが共同で人道的ニーズ調査を実施し、ニーズを把握し、アクセス可能な地域での対応策を策定する。

 

  • 最後の手段として、人道物資と人員のための武装した護衛を実施する。このような護衛は、期限付きで、指定された期間で、人道的原則と国内の法的要件を遵守し、ケース・バイ・ケースで決定されるものとする。

 

  • ティグライで重要な活動を行っている国連および人道的パートナーのために、国内の法的規定およびネットワークの機能性と能力を考慮し、通信能力を強化する。

 

国連WFPは、危機が始まって以来、政府とパートナーがティグライの人々に提供してきた緊急食料支援を称賛し、約170万人の人々に緊急食料を配布しました。また、2つのキャンプに住むエリトリア難民2万6,000人も食料と栄養の支援を受けています。

 

国連WFPは、これらの取り組みに加えて、以下のような支援を行う用意があることを政府に示し、政府からの要請を受け入れました。

 

  • 政府とパートナーの輸送能力を強化し、ティグライ地域内、特に農村部に人道支援を届けること。
  • ティグライの最大100万人(現在の推定ニーズの約3分の1に相当)に緊急食料援助を提供する。
  • 栄養面で脆弱な子どもたちや妊娠中・授乳中の母親を最大875,000人まで支援するためのブランケット補助給食介入を開始する。

これらの合意された国連WFPの拠出金は、1億700万米ドルを必要とし、今後6ヶ月間、政府と共同で特定した地域やコミュニティにおいて、実現可能な場合には共同評価に基づいて優先順位を付けて実施される予定です。

 

国連WFPは、政府の難民・帰国者庁および国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と緊密に連携しながら、ティグライ地方のエリトリア難民への食料支援を継続的に提供します。

 

また、国連WFPは、2月以降に納入予定の小麦30万トンをはじめとする食料供給の調達・配送を政府に代わって継続して行います。

 

                           #                      #                          #

 

国連世界食糧計画(WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

トピック

Ethiopia 食料安全保障 母子栄養支援

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Amanda Lawrence Brown WFP/Nairobi, Mob +254707722105

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Steve Taravella, WFP/ Washington, Mob.  +1 202 770 5993

Shaza Moghraby, WFP/New York, Mob. + 1 929 289 9867