Skip to main content

国連機関はティグライのエリトリア難民25,000人にライフラインの食料支援を提供

Photo: WFP/ Edward Johnson
Photo: WFP/ Edward Johnson
アディス・アバババ - エチオピアのティグライ地方にある2つのキャンプに住むエリトリア難民は、国連世界食糧計画(WFP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、エチオピア難民・帰国者庁(ARRA)による共同配布を通じて、1ヶ月分の食料を受け取りました。

連邦当局との連携のもと、18台のトラックの車列は、マイアイニ難民キャンプのエリトリア難民13,000人に配布するために、250トン近くのトウモロコシ・大豆ブレンド、穀物、豆類、植物油を地元の人道支援パートナーに届けました。さらに240トン近くの食料がアディ・ハルシュ難民キャンプに届けられ、12,170人の難民を支援しました。国連WFP、UNHCR、ARRAは両方の食料配布で、モニタリング支援を提供しました。

 

「10月中旬に2ヶ月分の食料を最後に受け取った難民のために、食料を補給することができたことを嬉しく思います」と、国連WFPエチオピア事務所スティーブン・ウィレ・オマモ代表は述べています。「これらのキャンプの難民は生きるために国連WFPの食料支援に依存しており、安定した供給を維持することが生命線となっています。」

 

配布は、国連WFPとUNHCRの支援を受けてARRAが実施し、食料がキャンプに到着してすぐに開始されました。 配布は2020年12月23日に完了しました。

 

UNHCRのエチオピア事務所アン・オンコントレ代表は、「家族、女性、男性、子ども、さらには新生児までもが、何週間もの間、物資や必要不可欠なサービスから遮断されていたため、この配布は緊急に必要とされていました」と述べています。

 

「ARRAや国連WFPとのスムーズなパートナーシップのおかげで、この支援を提供することができました。私たちは今、残りのキャンプでも同様のことができるようにし、重要な保護サービスを再確立し、避難所や医療、学校などの基本的なニーズを可能な限り早く確保する必要があります。一日、一時間が大切なのです。」とUNHCRエチオピア事務所アン・オンコントレ代表は述べています。

 

「私は、UNHCRがすぐに難民キャンプでの完全なマンデートを再開できると確信しています」と付け加えました。

 

#                                             #                                             #

 

国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR)について

国連難民機関であるUNHCRは、紛争や迫害のために故郷を追われている人々を保護しています。私たちは130カ国以上で活動しており、何百万人もの人々の命を救う支援を行い、基本的人権を守り、より良い未来を築くための支援を行うことで、何百万人もの人々を保護しています。

 

国連WFPについて

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

 

トピック

Ethiopia Eritrea 難民と移民

お問い合わせ

For more information please contact:

Chris Melzer, UNHCR/Addis Ababa,
Mob. +251 97 819 9207 melzer@unhcr.org

Dana Hughes, UNHCR/Nairobi
Mob +254 733 440 536 hughes@unhcr.org

Edward Johnson, WFP/Addis Ababa,
Mob. +251 935998863. Edward.johnson@wfp.org

Peter Smerdon, WFP/Nairobi,
Mob. +254 707 722 104, peter.smerdon@wfp.org

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806, frances.kennedy@wfp.org

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan, 

Mob. +81 4173 9255, mari.wagatsuma@wfp.org