Skip to main content

食品ロスに関する11の事実 ― 持続可能なフードシステムとの関連性について 

私たちが食品の廃棄を減らすことで、温室効果ガスの排出量を削減すると同時に、飢餓対策にもなります
, Carlos Munoz & Paul Anthem

持続可能な食料システム(食品を生産・加工し、最高の品質と量で消費者に届けるために必要なネットワーク)は、食料の安全保障と栄養に加えて、気候危機の影響に適応し、地球への影響を軽減するためにも不可欠です。食品ロスは、これらの食料システムの持続可能性を損ない、その結果、食料不安を増大させる危険性があります。つまり、先進国における食品の廃棄は、何百万人もの人びとを飢餓に陥らせる気候変動の危機を助長しているのです。2030年までに食品の廃棄を半減させることが、持続可能な開発目標に掲げられているのは、このためです。ここでは、食品ロスに関する11の事実をご紹介します。

Hand holding some food from a plate
持続可能な食料システムは、農場から食卓までの生産物の品質を確保することができます。Photo: WFP/Sayed Asif Mahmud 

1.    食品ロスには消費者によって生産物が廃棄される場合(food waste)と

食料チェーンの生産、収穫後や加工の各段階で生産物が失われる場合があります(food loss)。

 

2.    人が消費するために生産された食品の約3分の1が失われたり、無駄になったりしており、その経済的損失は年間約1兆米ドルにのぼります。

Child standing and holding a plate of food
30億人もの人びとが健康的な食生活を送ることができない中で、消費、生産、加工などの段階で食品ロスが発生しています。Photo: Niema Abdelmageed  

3.    世界の70億人を養うのに十分な食料が生産されているにもかかわらず、8億1100万人が毎晩空腹で眠りについています。その背景には膨大な食品ロスがあります。

 

4.    世界の耕作地の28%が生産している食料は、無駄となっていて、最も食料を必要としている人びとには利用されていません。

People picking crops from land
ギニアで野菜を収穫する小規模農家。耕作可能な土地をできるだけ効率的に利用し、食品ロスを減らすことが重要です。Photo: WFP/FredrikLerneryd

5.    無駄になっている食料生産に使われる貴重な水は、ジュネーブ湖を3回満たすことができる量です。その量が効率的な農業に振り向けられた場合を想像してみてください。

 

6.    先進国で無駄になった食品は、埋め立て地へ送られ、そこでは温室効果ガスが発生します。実際、廃棄された食品による温室効果ガスの排出量は、年間30億トン以上にのぼります。これを国に例えると、アメリカ、中国に次ぐ第3の温室効果ガス生産国となります。

People walking on very dry land
マダガスカルのような国では、気候変動が干ばつを悪化させています。Photo: WFP/Tsiory Andriantsoarana

7.    これらのガスは、水の供給に影響を与え、砂漠化と干ばつを加速させ、気象現象の予測不可能性と深刻さを悪化させることで、気候危機の主要な要因となっています。これらはすべて、世界の多くの地域で農業にダメージを与え、その結果、飢餓を増大させています。

 

8.    WWF-UKの最近の報告書によると、農場段階での食料廃棄は低所得地域で特に深刻ですが、実際には世界の農場段階での食料廃棄物の58%は中・高所得地域で発生しています。 

 

9.   食品ロスに対処する方法は無数にあります。革新的な考え方によって、農産物の生産、加工、貯蔵、流通、利用を変えることができます。例えば、サハラ以南のアフリカでは、国連WFPは教育や生産後の技術を促進することで、廃棄を減らすために政府を支援してきました。その中には、低コストの乾燥機、水分計、密封袋などがあり、農家が穀物の損失を軽減することができます。インドでは、国連WFPスタッフがGrainATMを考案し、農家が必要とする量の穀物を正確に分配することで、無駄を省くことに成功しました。

Woman adding beans to bag
食品の保管方法を改善することで、廃棄を減らすことができます。Photo: WFP/Badre Bahaji

10.    国連WFPのサプライチェーンユニットは、食料の積み込み、積み降ろし、舗装されていない道での輸送、飛行機からの投下などの際に、機械的なダメージから食料を守るための効果的な包装方法を確立するために活動しています。これは極端な温度、過剰なほこり、一般的な汚染などの厳しい条件の中で、その品質を保つことができます。

 

11.    消費者が自らの食品ロスを減らすための直接的な行動としては、必要なもの、使えるものだけを買う、「賞味期限」ではなく「消費期限」を確認する、一週間先の計画を立て、残り物をどうするかを考える、また、空き時間を利用して食事をまとめて調理したり、冷凍したりすることが挙げられます。

ビデオ:食べ物を無駄にしないことで、飢餓対策に貢献できます。

参加しよう 食品ロスを減らすことで、温室効果ガス排出量を削減し、より強固なフードシステムの構築に貢献することができます。また、節約したお金を国連WFPを通じて、最も食料を必要としている人々の命を救うための食料に変えることで、飢餓対策にも役立ちます。詳細は https://www.wfp.org/foodwaste をご覧ください。

 

                                                              #                              #                              #

 

国連WFPでは2021年9月29日(水)から10月31日(日)の一か月間、世界食料デーキャンペーン2021「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」を開催します。

 

皆さんが食品ロス削減につながるアクションをSNSに「#食品ロスWFP2021」をつけて投稿すると1投稿につき120円が寄付協力企業より国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられます。

食品ロスと飢餓を"ゼロ"にするため、ぜひご参加ください!

キャンペーンサイトはこちら

 

 

今こそ行動する時です。

国連WFPの財源は任意の拠出金によってすべて賄われているため、皆さまからの寄付が重要です。
すぐに寄付する。