Skip to main content

写真で見る2021年: シリアで最も過酷な年の中心にいる人びと

かつてないほど多くのシリア人が、空っぽの冷蔵庫、減り続ける食料、もう買うことのできない農産物で溢れる市場で、どうやって毎日を過ごそうかと考えている中、国連WFPは570万人に食料支援を行いました。
, Jessica Lawson
SYR_boys
アレッポで国連WFPが復旧させたパン屋で、家族のために焼きたてのパンを受け取りに来た2人の少年。Photo: WFP/Jessica Lawson

3月にシリア危機から10年を迎える前夜、WFP国連世界食糧計画(国連WFP)のデータから、すでに高いレベルにあった食料不安が劇的に高まっていることが明らかになりました。わずか1年の間にさらに450万人のシリア人が食料不安に陥り、その総数はなんと1,240万人となり、過去最高の数字となりました。

SYR_1
アレッポの紛争で何年も学校に通えなかったヌールさん。現在、彼女は教室に戻り、家族は国連WFPから毎月電子バウチャーを受け取り、必要な食料を購入しています。Photo: WFP/Marco Frattini

10年にわたる紛争の後、シリアの大多数の家族にとって、生活はかつてないほど厳しいものとなっていました。2021年、680万人が国内避難民で、長年の悲劇、不確実性、想像を絶する喪失の末、生活を再建するために苦闘することになりました。

Woman and children in Syria
タルトゥースに住む2歳のシバちゃんは、最近栄養不良と診断されました。現在、彼女は毎月国連WFPから栄養価の高い食事を受け取り、体重が増え、必要なビタミンやミネラルを摂取しています。Photo: WFP/Hussam Al Saleh
SYR_10
アレッポでオリーブを採取する農家。国連WFPが灌漑用水路を復旧させたことで、彼女の家族は水を利用できるようになりました。Photo: WFP/Marco Frattini

平和を願っていた時に、多くの家族が貯蓄を使い果たし、経済危機に対処できないでいます。1年を通して、パン、レンズ豆、米などの基本的な食料品は、かつてないほど高価になりました。同時に、シリア・ポンドの価値も下がり、家族は対応できなくなりました。

SY3_
国連WFPから食料を、UNICEFから石鹸を受け取るブスラダラの少年。新型コロナウィルスの期間中、国連WFPとUNICEFは協力して家族を支援しました。Photo: WFP/Hussam Alsaleh

このような人びとを支援するため、国連WFPは8月以降、さらに100万人に命を救う食料を提供するよう規模を拡大しました。現在、14の全州で毎月570万人が国連WFPの支援を受けています。これらの人びとは、基本的な食事すら用意できず、子どもたちに栄養価の高い食事を与えることができない家庭です。2021年、国連WFPは子どもたちに学校給食と栄養強化されたおやつを提供し、妊産婦と子どもたちに栄養支援を行い、国中の家族の生活と回復力を高めるための支援を行いました。

WFP_schoolchildren_Syria
アレッポの少女たちは、シリア全土で約48万1000人の生徒の一人で、学校で健康的なおやつを食べています。ビタミンやミネラルが強化されたこれらのおやつは、子どもたちの授業への集中力を高め、多くの子どもたちにとって一日の最初の食事となっています。Photo: WFP/Photo Library

診療所から教室、食卓まで、国連WFPは最も必要とする人たちに食料を届けました。新型コロナウィルスの最中、国連WFPのスタッフは、これまで以上に多くの家族が必要な食料を入手できるようにするため、全国を巡り支援を届けました。

SYR_9
国内避難民は特に脆弱であり、継続的な人道支援を必要としています。この子どもたちは2020年の紛争で避難しており、家族が生活を再建する間、基本的なニーズを満たすために国連WFPからの食料が不可欠です。Photo: WFP/Photo Library

2022年を見据えると、大きな課題が残されています。11月にシリアを訪れた国連WFPのデイビッド・ビーズリー事務局長は、「母親たちは、これから冬を迎えるにあたり、岩と岩の間に挟まれたような状態だと言っています。子どもたちに食事を与えて凍えさせるか、暖かくして空腹にさせるか、どちらかです。燃料と食料の両方を買う余裕はないのです」と語っています。

Syr_7
国連WFPのキッチンガーデン・プロジェクトで、参加者と対面する国連WFPフィールドモニターのソビ・ファロウ。このプロジェクトを通じて、家族は自分たちの食べ物を身近で育てるための支援を受けています。Photo: WFP/Hussam Alsaleh
SYR_4
6歳の母であるムアザズは、紛争中に何度も家を失ったといいます。彼女の家族は現在、電気もなく、家具もほとんどない状態でアレッポに住んでいます。Photo: WFP/Marco Frattini

しかし同時に、シリアでは人びとの決意に驚かされる瞬間が常にあります。栄養不良から回復した子どもについて誇らしげに話す両親、生計と食料源を再建している農民、毎日生徒全員が登校し、授業中に健康的なおやつを食べることを確認する教師などです。

Syr-9
ラタキア出身の1歳のタラちゃんは、生まれたときから栄養不良でした。国連WFPの治療を受け、体重が増え、体力もついてきました。Photo: WFP/Hussam Alsaleh

国連WFPから食料と支援を受ける570万人の人びとは、飢餓と食料不安との戦いに一歩近づいています。

 

国連WFPのシリアでの活動は、米国、ドイツ、カナダ、日本、ノルウェーを含む上位5カ国のドナーからの寛大な支援によって支えられています。

国連WFPは、シリアの家族が命を救う支援を受け続けられるように、2022年5月までに5億2780万米ドルの資金を必要としています。

 

国連WFPのシリアでの活動について詳しくはこちら、寄付はこちらから

今こそ行動する時です。

国連WFPの財源は任意の拠出金によってすべて賄われているため、皆さまからの寄付が重要です。
すぐに寄付する。