Skip to main content

資金不足により国連WFPが南スーダンでの食料配給を削減

ジュバ ― WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)は、大幅な資金不足のため、南スーダンで難民や国内避難民への食料配給を削減します。

今月からの食料配給削減は、70万人近くの難民や国内避難民に影響し、これまでの70%から50%の配給となります。完全配給の場合、一人当たり2,100キロカロリーで、50%の場合は1,050キロカロリーとなります。

 

国連WFP南スーダン事務所代表のマシュー・ホリングワースは、「お腹を空かせている人の配給を減らし、餓死しそうな人に与えるというのは非常に苦しい決断ですが、これが現実です。都市部から離れた場所での食料不安が憂慮すべきほど高まっているため、国連WFPは難民や国内避難民を含む比較的不安定な状況にない一部のコミュニティで、配給量を減らさざるを得ません」と述べています。

 

食料不安が過去10年間で最も高いレベルとなり、ドナーが新型コロナウィルスによる経済的影響に対応している中、南スーダンにおける国連WFPの資源は足りていません。

 

「私たちは十分な支援を受けられなければ、収穫が減る時期に飢饉に直面する可能性が高い人々の命を救う努力をしなければなりません。国連WFPには、南スーダンで我々の支援に依存しているすべての人々に完全な配給を提供するだけの資源がありません」とホリングワース代表は述べています。

 

国連WFPは、難民や避難民へのより多くの食料配給を含む十分な量の食料を提供するために、今後6ヶ月間の食料支援活動に1億2500万米ドルを直ちに必要としています。

 

影響を受ける人々には、ベンティウ、ボル、ジュバ、マラカル、ミンカマン、ワウの約44万人の国内避難民と、コンゴ民主共和国、中央アフリカ共和国、エチオピア、スーダンからの約26万人の難民が含まれ、彼らは食料需要のほとんどを国連WFPの支援に頼っています。

 

「私たちは、弱い立場の人々が生き延びるため、そして子どもたちを養うためにどれほど大変な思いをしているかを知っています。今回の食料配給の削減を導入することで、国連WFPは、すべての難民・避難民が、少ない量ではありますが、我々の食料支援を受け続けられるようにします」とホリングワース代表は述べています。

 

これらの削減は、栄養不良や貧血の発生率を高め、子どもの成長を妨げ、人々が生存戦略に頼ることにつながると考えられます。基本的な食料を確保できない人々は、食事を抜いたり減らしたり、高利のローンを組んだり、資産を売却したり、児童労働を利用したりして対処しています。また、このような状況下では、家庭内暴力が増加することもよくあります。

 

国連WFPは、難民や国内避難民の母子に対する栄養支援を削減することはありません。WFPは、妊娠中や授乳中の女性、生後6カ月から2歳までの子どもの栄養不良を治療・予防するために、特に栄養価の高い食品を提供しています。

 

記者の方へ :南スーダンの食料安全保障状況

 

2021年、南スーダンの食料不安は驚くほど高くなっています。最新の総合的食料安全保障レベル分類 (IPC) 評価では、7月の作物の収穫量が減る時期のピークには724万人が深刻な急性の飢餓に直面し、140万人の子どもが急性栄養不良に陥ると警告しています。

 

国連WFPは、食料不安が深刻で、人々が緊急または壊滅的なレベルの飢餓に陥っている、支援が届きにくい10の郡を優先的に支援しています。これには以下が含まれます。ピボル (Pibor)、アコボ (Akobo)、トンジ北 (Tonj North)、トンジ南(Tonj South)、トンジ東(Tonj East)、アウェイル南 (Aweil South)、ボル南 (Bor South)、トゥウィク東(Twic East)、ドゥク(Duk)、アヤド(Ayod)。

 

 

総合的食料安全保障レベル分類 (IPC)の危機レベルに分類される地域で深刻な食料不安を抱える脆弱なコミュニティは、5月から9月までの作物の収穫量が減る時期にさらに飢えることのないよう、継続的な支援を必要としています。

 

国連WFPの食料配給には、穀類、豆類、植物油、塩などが含まれます。

 

国連WFPは毎年、南スーダンの500万人以上の食料不安を抱える人々に、食料援助、栄養支援、現金支給、コミュニティの回復力を高めるための生計向上の機会を提供していますが、最も脆弱で紛争の影響を受けている女性、子ども、高齢者を優先しています。

 

                                          #                              #                                  #

 

WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

 

トピック

South Sudan 食料安全保障 資金調達

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Musa Mahadi, WFP/Juba South Sudan +211 922 559 505, musa.mahadi@wfp.org

Peter Smerdon, WFP/Nairobi, Kenya Mob. +254 707 722 104, peter.smerdon@wfp.org