Skip to main content

イエメンの飢饉を防ぐ機会が狭まっていると国連機関が警告

Photo: WFP/Issa Al-Raghi, Child at a WFP supported nutrition clinic in Hajjah City, Yemen
Photo: WFP/Issa Al-Raghi, Child at a WFP supported nutrition clinic in Hajjah City, Yemen
飢餓のレベルは記録的なレベルに達しており、緊急の対策が必要です。

サナア/ローマ/ニューヨーク ― イエメンの飢饉を防ぐための窓は狭まりつつあります。新しい数字が同国の急性食料不安の記録的な高さを明らかにし、国連食糧農業機関(FAO)、国連世界食糧計画(WFP)、国連児童基金(UNICEF)は本日、警告を発しました。


イエメンの新しい統合食料安全保障フェーズ分類(IPC)分析は、飢饉のような状況(IPCフェーズ5)がすでに2年ぶりに戻ってきていることを示し、この程度の壊滅的な食料不安を経験している人々の数は、2021年1月から6月の間に現在の16,500人から47,000人へと3倍近くに増加する可能性があると警告しています。

 

同時に、本日のIPCの分析では、フェーズ4の食料不安に直面している人々の数(緊急時フェーズ)が、2021年前半には360万人から500万人へと増加し、壊滅的な状況に陥る寸前に彼らを陥らせ、コースの変更がなければ、飢饉の可能性もあると警告しています。

 

「これらの憂慮すべき数字は、世界に警鐘を鳴らさなければなりません。イエメンは飢饉の危機に瀕しており、現在絶望的な状況にある何百万もの家族から目を背けてはなりません。間違いなく、2021年はイエメンの最も脆弱な人々にとって、2020年よりもさらに悪い状況になるでしょう。飢饉はまだ防ぐことができますが、その機会は日を追うごとに失われていきます」と、国連世界食糧計画(WFP)のデビッド・ビーズリー事務局長は述べています。

 

フェーズ4は、行動を起こすための最後の警告です。IPCの飢餓指数のこの時点で、人々はすでに非常に大きな苦しみを受けており、最も弱い立場にある人々の中には飢餓で命を落とす可能性のある人もいます。3,000万人の人口の半数以上(1,620万人)が、2021年半ばまでに危機的なレベルの食料不安(フェーズ3以上)に直面することになるでしょう。

 

「食料の流れを維持することで人々の生活を維持することは不可欠だが、このサイクルを永遠に続けることはできません。イエメンは、国内の食料不安の主な原因となっている紛争の終結を必要としています。イエメンの家族は安定と安全、そして通常の食料生産を再開するための生計支援を必要としており、それにより外部からの支援を必要とせず、より回復力のある自給自足の食料システムを構築することができます」とFAOの屈冬玉事務局長は述べました。

 

食料の80%を輸入に頼っており、人口の70%以上が農村部に住んでおり、生計を農業に頼っているこの国では、飢饉を防ぎ、命を救うためには、緊急かつ協調的な人道支援が不可欠です。しかし、大幅な資金不足により、ライフラインである食料支援、5歳未満の子どもや妊娠中・授乳中の女性のための命を救う栄養失調の治療サービス、家計が生きていくために必要な食料と収入を生産し続けるための支援などが、さらに削減される恐れがあります。

 

「イエメンが飢饉に陥り、何百万人もの脆弱な子どもたちや家族が飢えに苦しむ中、世界は見て見ぬふりをすることはできません」とユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長は述べました。「状況はすでに壊滅的なものであり、緊急の行動なしには、より多くの子どもたちが命を落とすことになります。私たちは以前にもイエメンの飢饉を防いできましたが、支援を強化し、必要としているすべての子どもや家族へのアクセスを確保することで、再び飢饉を防ぐことができるはずです」と述べました。

 

急増する危機は複雑な原因の組み合わせです:イエメン南部での劇的な食料価格の上昇を含む経済崩壊をもたらした紛争の激化、北部地域の家族を襲っている燃料の輸入禁止措置。新型コロナウィルスのパンデミックは、送金額の減少、収入の機会の枯渇、医療サービスの限界、移動制限が市場へのアクセスを危うくしていることから、苦しみをさらに悪化させています。その上、サバクトビバッタの疫病と鉄砲水により、一部の地域では地元の食料生産が打撃を受けています。

 

今年の食料支援を含む人道支援の削減は、これまでの食料安全保障上の利益を消し去り、家族に食料消費の格差を悪化させています。来年も削減は継続・拡大される可能性があり、緊急に資金を受け取らない限り、これらの憂慮すべき予測は過小評価される可能性があると国連機関は警告している。

 

写真はこちらからご覧いただけます。

 

放送品質の映像はこちらでご覧いただけます。

 

トピック

Yemen 紛争 食料安全保障 母子栄養支援

お問い合わせ

Annabel Symington, WFP/Yemen, Annabel.Symington@wfp.org
+44 7746397099

Abeer Etefa, WFP/Cairo, Abeer.Etefa@wfp.org
+20 106 6663 4352

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan, Mari.Wagatsuma@wfp.org

+81 70 4173 9255

Charles Fromm, FAO/Yemen, Charles.fromm@fao.org,
+962 770 116 667

Peter Mayer, FAO/Rome, peter.mayer@fao.org,
+39 06 570 53304

Kamal Al-Wazizah, UNICEF/Yemen, kalwazizah@unicef.org
+967 712223068

Joe English, UNICEF/New York, jenglish@unicef.org
+1 917 893 0692