Skip to main content

WFPエッセイコンテスト2015表彰式を開催

WFPエッセイコンテスト2015表彰式を開催
「世界食料デー」の10月16日(金)に「WFPエッセイコンテスト2015」の表彰式が東京・新橋にて開催されました。「忘れられない◯◯な ごはん」をテーマに募集した今年のエッセイコンテストの応募作品総数は過去最高の15,841通となり、表彰式当日はWFP賞をはじめとした受賞者が発表、表彰されました。

今年のWFP賞は東京都の高校生、大類啓さんの「特別なクッキー」に贈られ、国連WFP協会親善大使の竹下景子さんによるエッセイの朗読が上映されました。
⇒受賞作品はこちら

本エッセイコンテストでは、応募1作品につき途上国での学校給食1日分にあたる30円が3社の企業よりそれぞれ寄付される仕組みとなっており、今回は合計142万5,690円(1社あたり47万5,230円)のご寄付を頂きました。

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。