Skip to main content

国連WFP、イエメンの飢饉の恐れがある地域へ支援を強化

WFP/Annabel Symington
WFP/Annabel Symington
サナア ― WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は、壊滅的な飢饉を防ぐために、イエメンで最も飢餓が深刻な地域での食料支援のレベルを引き上げています。しかし、国連WFPが年末までこの対応を維持できるかどうかは不透明です。

「イエメンでは脆弱性が続いており、食料不安の継続的な要因も相まって、イエメンは飢饉のような深刻な飢餓状態に陥りやすくなっています」と国連WFPイエメン事務所ローラン・ブケラ代表は述べています。「紛争の激化、経済の衰退、世界的な商品価格の上昇、新型コロナウィルスなど、すべてが昨年の深刻な飢餓の増加の原因となっています。」

 

イエメンでは、すでに5万人近くが飢饉のような状態で生活しており、500万人が差し迫った危険にさらされています。また、下痢や栄養不良、呼吸器感染症などの予防可能な病気により、10分に1人の割合で子どもが亡くなっています。

 

国連WFPはこのような急性のニーズに応え、2月には飢饉のような状況に直面している11地区 (総合的食料安全保障レベル分類IPC5 (カタストロフィー))の35万人に毎月の配給を再開しました。

 

新たな資金が確認された今年4月から5月にかけて、国連WFPは「緊急」食料不安の割合が最も高い9つの州(IPC4)、ハッジャ (Hajjah)、ジャウフ (Al Jawf)、アムラン (Amran)、ホデイダ (Al Hodeidah)、ライマ (Raymah)、マホイト (Al Mahwit)、サアダ (Sa'ada)、ダマール (Dhamar)、タイズ (Taiz)で約600万人への支援を増やし始めました。6月以降、これらの人々は再び毎月完全な割合の食料支援を受けることになります。

 

国連WFPはイエメンで合計1,290万人に食料支援を行っており、食料不安が最も高い地域を優先的に支援し、マリブ州などの紛争で避難している家族に迅速な支援を行っています。しかし、2020年4月、国連WFPは厳しい活動環境の中で資金の減少に直面し、イエメン北部地域では毎月の支援をやめ、代わりに2カ月に1度の支援を行うことを余儀なくされました。

 

今年は、米国、サウジアラビア王国、アラブ首長国連邦、ドイツ、欧州連合からの大規模な支援を含め、国連WFPのイエメンでの飢饉防止活動に対して、これまでに約9億4,700万ドルの支援が行われました。食料消費量、食生活の多様性、食料関連の対処戦略を追跡する国連WFPの食料安全保障モニタリングでは、前回飢饉が危惧された2019年に支援が大幅に増加した後に見られたように、段階的な支援の規模拡大の影響がまもなく現れます。

 

「今後数カ月で影響が現れ始めるが、初期の影響は脆弱なものになるでしょう」とブケラ代表は警告し、「国連WFPが年末までこのレベルの対応を維持できるかどうかは危ういです。持続的で予測可能かつ柔軟性のある資金が早急に必要です。そうでなければ、予測不可能で困難な活動環境の中で、これまでの進展が取り消され、ニーズが急速に高まることになります」と述べました。

 

イエメンでは、紛争の拡大に伴い飢餓が増加しており、戦争が7年目に突入する中、人々は3回目、4回目の避難を余儀なくされています。紛争が始まる前の水準を200%も上回る食料価格の上昇により、何百万人もの人々が食料を手に入れることができなくなっています。さらに、致命的な新型コロナウィルスの第2波がイエメンを襲い、医療システムが対応できなくなっています。

 

3年前の今月に可決された国連安全保障理事会の決議2417が明確に示しているように、飢餓と紛争の連鎖は、平和がイエメンの飢餓危機に対する唯一の永続的な解決策であることを意味しています。その日が来るまで、人道支援は必要不可欠であり、また資金不足が生じれば、イエメンの人々は壊滅的な被害を受けることになります。

 

編集者への注釈

 

イエメンでは、5万人が飢饉に近い状況(総合的食料安全保障レベル分類IPC 5)に直面しており、500万人が飢饉の一歩手前(IPC 4)にあり、状況が悪化すれば飢餓に陥る可能性があります。さらに1,100万人が危機的なレベルの食料不安に直面しています(IPC 3)。

 

2021年には、イエメンの5歳未満の子どもたちの約半数にあたる230万人が、急性栄養不良に陥ると予測されています。40万人近くが重度の急性栄養不良に陥り、緊急の治療を受けなければ死亡する可能性があると予測されています。

 

国連WFPは、約1,300万人に緊急食料支援を行っており、小麦粉、豆類、植物油、砂糖、塩などの配給、または同量の食料を購入するためのバウチャーや現金を提供しています。

 

国連WFPは330万人の子どもと母親に対し、栄養不良の治療と予防のための栄養補助食品を支援しています。また、155万人の生徒が毎日栄養価の高いスナックを学校で食べています。イエメンの飢饉を防ぐために、国連WFPは2021年に少なくとも19億米ドルを必要としています。

 

                                          #                              #                                  #

 

WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

トピック

Yemen 食料安全保障 紛争 緊急支援

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Abeer Etefa, WFP/Cairo,
Tel. +20 106 6634352

Annabel Symington, WFP/Yemen,
Tel. +967 739888251, Mob. +44 7746397099

Martin Penner, WFP/ Rome,
Mob. +39 345 614 2074

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Tel. +44 (0)20 3857 7413, Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

 

Links

Download photo here