Skip to main content

国連の食料機関は、4つのホットスポットで飢饉の潜在的なリスクと急性飢餓のレベルが上昇していると警告

Photo: WFP/Damilola Onafuwa. Women practicing social distancing as they get their food vouchers verified at the National Home Grown School Feeding Programme at Adekunle Anglican Primary School, Makoko, Lagos, Nigeria.
Photo: WFP/Damilola Onafuwa. Women practicing social distancing as they get their food vouchers verified at the National Home Grown School Feeding Programme at Adekunle Anglican Primary School, Makoko, Lagos, Nigeria.
ローマ ― 世界は、2 つの国連機関による新しい報告書により、厳しい警告を含む飢饉の警戒態勢が強化されています。4つの国は、「今後数ヶ月の間にさらに悪化」した場合、すぐに飢饉に陥る可能性がある地域を含んでいます。これらは、西アフリカのサヘル地域のブルキナファソ、ナイジェリア北東部、南スーダン、イエメンです。

国連食糧農業機関(FAO)と国連世界食糧計画(WFP)が本日発表した「急性食料不安ホットスポットの早期警戒分析」では、紛争、経済衰退、気候の極端な変化、新型コロナウィルス パンデミックの有害な組み合わせが、人々を食料不安の緊急段階へとさらに追い込んでいると説明しています。

 

最も懸念される4つのホットスポットの人口の一部は、すでに危機的な飢餓状況を経験しています。報告書は、紛争の激化と人道的アクセスのさらなる減少が飢饉のリスクにつながる可能性があると警告しています。

 

しかし、これらの4カ国だけが世界地図上の唯一の「レッドフラッグ」であるわけではなく、様々な要因が重なって、世界的に深刻な食料不安のレベルが過去最高に達していることを示している、と報告書は指摘しています。他にも16カ国が急性飢餓レベルの上昇のリスクが高いとされています。

 

ホットスポット・レポートの目的は、今日から3~6ヶ月後の大規模な緊急事態、あるいは一連の緊急事態を回避するために、今すぐできる緊急行動を知らせすることにあります。最もリスクの高い国々の状況がどのように展開するかは、紛争の力学、食料価格、新型コロナウィルス パンデミックのその国の食料システムへの影響、降水量と収穫の成果、人道的アクセス、人道的活動への資金提供を継続するドナーの準備状況などにかかっています。

 

「FAOのドミニク・バージョン緊急事態・レジリエンス担当ディレクターは、「この報告書は、緊急行動への明確な呼びかけである」と述べました。「私たちは、いくつかの危機の複合的な影響が、人々の食料生産能力とアクセス能力を侵食し、彼らがますます極度の飢餓の危険にさらされていることを深く憂慮しています。最悪のシナリオを防ぐために、食料を確保し、食料を生産し、生活を改善する手段を確保するために、これらの人々へのアクセスを必要としています。」

 

「私たちは壊滅的な転換点にいます。世界の4つの異なる地域で同時に飢饉のリスクに直面しています。飢饉を宣言するということは、すでに多くの命が失われているということです。確実な報告を待っていたら、すでに多くの人が死んでいます」と国連WFP緊急支援担当ディレクターのマーゴット・ファン・デル・ベルデンは言います。

 

「2011年、ソマリアでは26万人が飢饉に見舞われました。飢饉は7月に宣言されましたが、5月にはほとんどの人が亡くなっていました。私たちは、このような事態を二度と起こさせてはなりません。私たちには、今日の緊急行動か、明日の無慈悲な命の損失か、という厳しい選択があります」と警告しました。

 

全体的にネガティブな傾向

 

共同報告書は、暴力の拡大と激化、新型コロナウィルスの社会経済的影響によって悪化した経済危機、異常気象、砂漠のイナゴのような国境を越えた脅威、人道的アクセスの欠如などを含む飢餓の主要な要因によって「急性の食料不安がさらに悪化する危険性がある」として合計20カ国を挙げています。

 

コンゴ民主共和国では、現在、2,200万人が深刻な食料不安に陥っていると推定されており、これは一国で登録された数としては過去最高の数であると指摘しています。ブルキナファソが最大の増加を記録しており、絶望的な飢餓状態にある人々の数は2019年と比較して3倍近くに増加しています。

 

イエメンの状況も悲惨であり、既存の食料不安が紛争や経済危機の深刻化と相まって、すでに危機的な食料安全保障状況のさらなる悪化につながる可能性があります。

 

大災害・飢饉は、食料不安の深刻化する度合いを示すために使用されている統合相分類(IPC)システムの5つのフェーズのうち、最も深刻なフェーズです。この極端な段階が宣言された場合、それはすでに人々が飢餓で死に始めていることを意味します。ホットスポット報告書は、緊急の対策を講じない限り、2017年に南スーダンの一部で宣言されて以来、世界で初めての飢饉の発生を経験する可能性があるとしています。

 

この新しい報告書は、欧州連合(EU)が2016年に立ち上げた人道・開発関係者の連合体である「食糧危機に対抗するグローバル・ネットワーク(GNAFC)」の下で作成されたもので、FAOと国連WFPは、分析と知識を共有し、証拠に基づいた対応における調整を強化し、人道、開発、平和を横断し総力を挙げて、食料危機の根本原因に取り組むことを目的としています。

 

写真はこちらからご覧いただけます。

 

放送品質の映像はこちらでご覧いただけます。

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

国連世界食糧計画(WFP)は2020年のノーベル平和賞受賞者です。国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

 

トピック

Burkina Faso Nigeria South Sudan Yemen 緊急支援 食料安全保障

お問い合わせ

For more information please contact (name.surname@wfp.org)

WFP

James Belgrave, WFP/ Rome,
Mob. +393665294297

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan, 

Mob. +81 4173 9255

 

FAO

Josephine McKenna, FAO /Rome,
Josephine.McKenna@fao.org

Zoie Jones, FAO Regional Office for Africa,
Zoie.Jones@fao.org Tel. +39 – 331.431.0003 (whatsapp)

Mohamed Alaidaroos, FAO Regional Office for Near East
Mohamed.Alaidaroos@fao.org