Skip to main content

ガザ戦闘の人道的休止に関する国連WFPシンディ・マケイン事務局長の声明

ローマ-11月22日のガザでの戦闘の人道的休止の合意は、重要かつ歓迎すべき第一歩です。ガザのほぼすべての市民が飢餓に脅かされている今、食料やその他の支援物資を切実に必要としている人に届けるために、この合意は完全に守られる必要があります。

国連WFPは、ガザ地区内への安全なアクセスが認められ次第、支援を拡大するために急速に動員しています。国連WFPのトラックはラファ検問所で待機しており、ガザ全土の避難所や家で暮らす住民への食料と、パン工場が営業を再開するための小麦粉を積んでいます。必要な物資をトラックで運搬するため、そして毎日何十万人もの人びとのライフラインであるパンが再び手に入れられるようにするために、私は燃料搬入に関する合意の実現も期待しています。

いったん実行されれば、この人道的休止についての合意はすべての当事者によって完全に守られる必要があります。人道支援者は安全かつ妨害されることのないアクセスを必要としており、市民はどこにいても安全に支援を受けられなければなりません。安定的かつ十分な量の人道支援物資がガザに届けられる必要があります。

この合意は重要な第一歩ではありますが、4日間の休戦で届けられる支援では、この困窮の海に大きな変化をもたらすことはできません。真の休息を得るためには、この人道的休止を継続させ、大規模な支援を安定的に届けつづける必要があります。

今、何よりも必要なのは平和です。私は指導者たちに、この恐ろしい紛争を終わらせるために、今回の休止を戦闘縮小への道筋とするよう呼びかけます。
 

シンディ・マケイン国連WFP事務局長による声明
 

#                 #                   #

 

国連世界食糧計画について

WFP国連世界食糧計画は飢餓ゼロを使命として活動する世界最大の人道支援組織であり、緊急時に人の命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響を受けた人びとのために、平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

Follow us on X, formerly Twitter, via @WFP_JP  @wfp_media  

トピック

パレスチナ 事務局長 紛争 緊急支援

お問い合わせ

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806

Nina Valente, WFP/ London,
Mob. +44 796 8008 474

Martin Rentsch, WFP/Berlin,
Mob +49 160 99 26 17 30

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Thida Ith, WFP/ Ottawa,
Mob. +1 613 608 2587