Skip to main content

数字で見るシリア支援の今 2015年12月

数字で見るシリア支援の今 2015年12月
2011年3月にシリア紛争が始まってから、もうすぐ5年が経とうとしていますが、国内避難民と難民の数は増え続けています。2015年12月のシリア支援を数字で伝えます。
  • 避難生活を送る人の数:

・シリア国内で避難生活を送る人々、650万人
・シリア周辺国に避難したシリア難民、430万人

  • 国連WFPの支援を受ける人の数:

・シリア国内:400万人
・シリア周辺国:146.7万人
   レバノン:65.1万人
   ヨルダン:52.3万人
   トルコ:18.5万人
   エジプト:5.8万人
   イラク:5万人

  • シリア支援の形と費用:

・シリア国内で避難生活を続ける国内避難民には、主に豆、油、米などの現物を配布しています。
・シリア周辺国で避難生活を続ける難民には、食糧を購入できるカードでの支給を行っています。

1米ドルで…
・シリア国内では1日分の食糧を2人に届けることができます。
・シリア周辺国では1日分の支援を1人に届けることができます。

・シリア支援は国連WFPが現在取り組む最大規模の緊急支援活動であり、食糧などを人々に届けるため、毎週2,500万米ドルが必要です。

戦闘や資金不足などにより、シリア紛争の被災者に支援を届ける活動は難しい状況が続いています。

この9月、国連WFPは資金難のため、ヨルダンとレバノンで避難生活を送るシリア難民に対する電子マネーの支給額を、予定額の半分以下となる、1人1カ月あたり14米ドルに減額していました。諸国から新たな支援が得られたことで、10月にはその額を21米ドルに増額できましたが、それでも支援予定額の8割しか支給できていない状態です。さらに、今後、新たな支援が得られなければ、再び支援を削減せざるを得なくなるかもしれない状況です。

国連WFPの活動は全て任意の政府や民間団体、個人の皆様のご寄付で成り立っています。支援を必要な人に必要なだけ届けられるよう、ご協力をお願いいたします。

 

<寄付方法>

▼Webサイトから

▼お電話で 0120-496-819(通話料無料・年中無休)

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「シリア緊急支援」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001)
口座種類・口座番号:普通預金 0887110
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※シリア緊急支援の使途指定および領収書発行につきましては、お手数ですが国連WFPまでご連絡ください。

※国連WFPへのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。

【お問い合わせ】国連WFP
電話: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年中無休)
携帯電話・PHSからもつながります。

<これまでの記事>
続報:シリア難民の母、レバノンでの生活に希望を失う
国連WFP、シリア難民の子どもに食事を届ける、無料スマートフォンアプリを公開
シリア難民の母、レバノンでの生活に希望を失う
資金不足でシリア難民への食糧支援を削減
食糧引換券がシリア難民の母の味を支える
避難生活を送るシリアの人々が、いま思うこと
シリア紛争開始から4年 ~10の事実~
シリア紛争、間もなく5年目に ~一人一日、一ドルの支援が命を守る~