Skip to main content

【#IamSyrian】ジアドからの手紙~難民キャンプでは郷愁の思いを詠んだ詩ばかりを書いています~

【#IamSyrian】ジアドからの手紙~難民キャンプでは郷愁の思いを詠んだ詩ばかりを書いています~
シリア国内外では何百万ものシリア人が紛争により苦しんでいます。シリアの人々との団結を示すため、国連WFPは「#IamSyrian(わたしはシリア人)」というオンラインキャンペーンを立ち上げました。

「#IamSyrian(わたしはシリア人)」キャンペーンでは、シリアのふつうの人々の紛争前の暮らしと現在の避難生活をくらべながら、紛争によって失ったものや未来への希望を、シリアの人々が自らの言葉で伝えます。彼らが地球上の全ての人に向けて伝える想いを読んだら、「いいね」やシェア、#IamSyrianのタグ付けをしてあなたの周りの人に広めてください。

 

ジアド

Pictures by Giulio d'Adamo

Fl・htlinge aus Nigeria warten vor dem Fl・htlingscamp Minawao

私の名前はジアド。シリアの小さな町、アル・ハヤ出身です。この手紙をお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。もし、あなたが、ザアトリ難民キャンプにいらっしゃっていれば、私は皆さんを我が家へご招待していたことと思います。自分の話を、誰かにお話できるということは、私にとって大切なことなのです。


この難民キャンプに着いてからは、郷愁の思いを詠んだ詩ばかりを書いています。


 

私は今、ヨルダンの難民キャンプに住んでおり、国連WFPの食糧配給場の警備員や、難民キャンプ内の様々なものの修理をして暮らしています。

紛争が始まる以前と、生活は大きく変わってしまいました。シリアの故郷では、親戚や顔見知りの近所の人々に囲まれて暮らしており、地域には 絆がありました。私は額に汗して農業で生計を立てていました。野菜を育てる自分の土地があり、子ども達を安全な場所で育てていけるという安心感がありました。ここ難民キャンプでは、自分の身は自分で守らなければなりません。

故郷を去るのは、とても厳しい決断でした。疎外感を味わうことになるのは、ヨルダンに初めて足を踏み入れたときにはわかっていました。私は詩を書くことによって、厳しい現実と向き合っています。この難民キャンプに到着してからも、いくつか書きました。シリアの我が家には、書き溜めた詩のノートがありましたが、このような状況ですので、持ってくることはできませんでした。

ここでの生活は厳しいです。ほとんど仕事がなく、支援は少なく食糧などの必需品を買うのに消えてしまいます。私が持っている物は、修理の仕事に使うドリルと、詩を詠むときに奏でる弦楽器ラバーブのみです。

故郷シリアにいた時は、恋愛、人生観、騎士道についての詩を書くのが好きでした。この難民キャンプに着いてからは、郷愁の思いを詠んだ詩ばかりを書いています。

わたしはシリア人。#IamSyrian
ジアドより

 

 

#    #     #

 

シリア難民を支えるため、皆様のご支援をよろしくお願いします。

<寄付方法>

▼Webサイトから


▼お電話で 0120-496-819(通話料無料・年中無休)

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「シリア緊急支援」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001)
口座種類・口座番号:普通預金 0887110
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※シリア緊急支援の使途指定および領収書発行につきましては、お手数ですが国連WFPまでご連絡ください。

※国連WFPへのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。

【お問い合わせ】国連WFP
電話: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年中無休)
携帯電話・PHSからもつながります。

 

<これまでの記事>

【#IamSyrian】 ナセルくんからの手紙 ~僕はただシリアに帰りたい~
【#IamSyrian】(わたしはシリア人) ~私たちの声を世界に届けてください~
国連WFP事務局長、安保理で発言~シリアでの悲惨な飢餓を防ぐため行動が必要~
シリアの苦しみを終わらせよう
スマホアプリ「シェア・ザ・ミール」当初目標を達成!~次の目標はシリアの母子栄養支援に向けた寄付集め~
シリアの包囲地区に食糧到着
シリア国内で学校給食用のスナックバーの製造を開始
数字で見るシリア支援の今 2015年12月
続報:シリア難民の母、レバノンでの生活に希望を失う
国連WFP、シリア難民の子どもに食事を届ける、無料スマートフォンアプリを公開
シリア難民の母、レバノンでの生活に希望を失う
資金不足でシリア難民への食糧支援を削減
食糧引換券がシリア難民の母の味を支える
避難生活を送るシリアの人々が、いま思うこと
シリア紛争開始から4年 ~10の事実~
シリア紛争、間もなく5年目に ~一人一日、一ドルの支援が命を守る~