Skip to main content

国連: 2021年、イエメンの5歳以下の子どもの半数が急性栄養不良に脅かされている

WFP/Alaa Noman, Mother at the health centre because one of her daughters 1 year and 4 months is suffering from malnutrition. Malnutrition surges among young children in Yemen as conditions worsen. WFP provides nutrition support to children and mothers in Yemen to both treat and prevent malnutrition.
WFP/Alaa Noman, Mother at the health centre because one of her daughters 1 year and 4 months is suffering from malnutrition. Malnutrition surges among young children in Yemen as conditions worsen. WFP provides nutrition support to children and mothers in Yemen to both treat and prevent malnutrition.
人道的危機は子どもたちに恐ろしい被害を与え続けており、FAO、UNICEF、国連WFP、WHOは警告しています。

サヌア/アデン/ローマ/ニューヨーク/ジュネーブ ― イエメンの5歳未満の子どもたち230万人近くが2021年に急性栄養不良に陥ると予測され、4つの国連機関が本日、警告を発しました。このうち、40万人が重度の急性栄養不良に苦しみ、緊急の治療を受けなければ死亡する可能性があると予測されています。

国連食糧農業機関(FAO)、国連児童基金(UNICEF)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)とパートナーによって本日発表された最新の統合食料安全保障段階分類(IPC)急性栄養不良報告書の新しい数値は、2020年以降、5歳未満の子どもたちの間で急性栄養不良が16%、重度の急性栄養不良が22%増加していることを示しています。

 

同機関はまた、これらは2015年の紛争激化以降、イエメンで記録された重度の急性栄養不良の中でも最高レベルであると警告しました。

 

栄養不良は、特に子供の人生の最初の2年間に、子供の身体的・認知的発達にダメージを与えます。栄養不良は大部分が不可逆的であり、病気、貧困、不平等を永続させます。

 

栄養不良を防ぎ、その壊滅的な影響に対処するには、母親の健康状態を良好に保つことから始まりますが、イエメンの約120万人の妊娠中または授乳中の女性は、2021年に急性の栄養不良に陥ると予測されています。

 

長年にわたる武力紛争と経済的衰退、新型コロナウィルスのパンデミック、そして人道的対応のための深刻な資金不足は、食料不安のレベルが上昇し、疲弊したコミュニティを瀬戸際に追い込んでいます。多くの家族は、食べる量や質を減らすことに頼らざるを得ず、場合によってはその両方を余儀なくされています。

 

「イエメンで飢えに苦しむ子どもたちの数が増えていることは、私たち全員に衝撃を与え、私たちは行動に移すべきです」とユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長は述べました。「行動を起こさずに一日一日が過ぎるごとに、より多くの子どもたちが命を落とすことになるでしょう。人道主義組織は、命を救うために、緊急に予測可能な資源と、現地のコミュニティへの自由なアクセスを必要としています」と述べました。

 

「イエメンの家族はあまりにも長い間紛争に巻き込まれており、新型コロナウィルスのような最近の脅威は、彼らの過酷な窮状をさらに悪化させています」とFAOの屈冬玉事務局長は述べました。「国全体の安全と安定、そして十分で栄養価の高い食料の栽培を再開するための手段が提供されるように農民へのアクセスが改善されなければ、イエメンの子供たちとその家族は飢餓と栄養不良に陥り続けるでしょう。」

 

「これらの数字は、栄養不良の子供たちをかかえ家族が生きるのに必死なイエメンからの助けを求める叫びです」と国連WFPのデイビッド・ビーズリー事務局長は述べました。「イエメンの危機は、紛争、経済破綻、深刻な資金不足が入り混じった有害なものであり、命を救うのために切実に必要とされている支援を提供するための資金が不足しています。しかし、飢餓には解決策があります。それは食料と暴力の終結です。もし私たちが今行動を起こせば、イエメンの子供たちの苦しみを終わらせる時間はまだあります。」

 

WHOテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、「病気と劣悪な健康環境が、小児期の栄養不良の主な要因です。同時に、栄養不良の子どもたちは、イエメンで大きな関心事となっている下痢、呼吸器感染症、マラリアなどの病気にかかりやすくなっています。これは悪循環であり、しばしば命を落とすことになりますが、比較的安価で簡単な介入によって、多くの命を救うことができます」と述べています。

 

イエメンの幼児と母親の間の急性栄養不良は紛争の年々増加しており、下痢、呼吸器感染症、コレラなどの疾病率の高さと食料不安の増加により、2020年には大幅に悪化すると予想されています。最悪の被害を受けた州の中には、アデン、アル・ダール、ハジャ、ホデイダ、ラヒ、タイズ、サヌアがあり、これらの州は2021年に予想される急性栄養不良の半分以上を占めています。

 

現在、イエメンは子供たちが成長する上で世界で最も危険な場所の一つです。この国には、高い伝染病率、子どもや家族のための定期的な予防接種や保健サービスへのアクセスが限られていること、乳児や幼児への授乳が不十分であること、不十分な衛生システムがあることなどが挙げられます。

 

一方で、すでに脆弱な保健医療システムは、新型コロナウィルスの付随的な影響に直面しており、その結果、乏しい資源が枯渇し、医療を求める人が減少しています。

 

イエメンの子どもと母親の悲惨な状況は、保健から水、公衆衛生(sanitation)、衛生(hygiene)、栄養、食料援助、生活支援に至るまでの人道的サービスの中断が、彼らの栄養状態の悪化を引き起こす危険性を意味しています。

 

人道的対応は、依然として深刻な資金不足に陥っています。2020年の人道支援計画では、必要とされる34億米ドルのうち19億米ドルを受け取りました。

 

             #                      #                          #

 

Notes for editors:

Multimedia materials available here: https://weshare.unicef.org/Package/2AM40805FSQX

 

IPC Report Links:

Full report: https://bit.ly/2N1WMyt

Analysis page: http://www.ipcinfo.org/ipcinfo-website/alerts-archive/issue-34/en/

 

 

国連WFPについて

国連世界食糧計画(WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々のために平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

 

FAOについて

国連食糧農業機関(FAO)は、飢餓撲滅のための国際的な取り組みを主導する国連の専門機関です。私たちの目標は、すべての人のための食糧安全保障を達成し、人々が活動的で健康的な生活を送るために十分な量の高品質の食糧を定期的に入手できるようにすることです。FAOは194以上のメンバーを擁し、世界130カ国以上で活動しています。

 

UNICEFについて

国連児童基金(UNICEF)は、世界で最も恵まれない子どもたちに手を差し伸べるために、世界で最も過酷な場所で活動しています。190以上の国と地域で、すべての人にとってより良い世界を築くために、あらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。

 

WHOについて

世界保健機関(WHO)は、国連システムの中で公衆衛生の分野でグローバルなリーダーシップを発揮しています。1948年に設立されたWHOは、6つの地域にまたがる194の加盟国と150以上のオフィスで、健康を促進し、世界を安全に保ち、弱者に奉仕するために活動しています。2019-2023年の目標は、10億人以上の人々に普遍的な健康保険を提供し、10億人以上の人々を健康上の緊急事態から守り、さらに10億人の人々により良い健康と福祉を提供することです。

トピック

Yemen 紛争 食料安全保障 母子栄養支援

お問い合わせ

Bismarck Swangin, UNICEF Yemen;
Email: bswangin@unicef.org;
Tel: +967 712223161
 

Annabel Symington, WFP Yemen;
Email: Annabel.symington@wfp.org;
Tel: +44 7746397099
 

Adel Sarkozi, FAO Media Relations,
Email: adel.sarkozi@fao.org,
Tel +39 06 570 52537

Ahmed Ben Lassoued, WHO Yemen,
Email: benlassoueda@who.int;
Tel: +216 20 444 998

 

IPC Report Links:

Full report here

Analysis page here 

 

WFP multimedia content:

Download Video and Shotlist here 

Yemen WFP Photo Package