Skip to main content

新報告書=新型コロナウイルスによって移民や避難民の間で飢餓が急増しているため、より多くの人々が必要に迫られて移動する可能性があると報告

WFP and IOM working hand in hand in Libya to support displaced communities. (C)IOM
WFP and IOM working hand in hand in Libya to support displaced communities. (C)IOM
ローマ・ジュネーブ ― 新しい報告書は、新型コロナウィルス が発生した時にはすでに記録的なレベルに達していた世界的な飢餓と人口移動が急増する可能性があり、移動中の人々や、減少しつつある送金に依存している人々は、家族を支えるために必死に仕事を探しているとしています。

国際移住機関(IOM)と国連世界食糧計画(WFP)が発表した報告書は、この種の報告書としては初めてのものであり、パンデミックがいかに食料不安を増大させ、移民、送金に頼る家族、紛争・暴力・災害によって故郷を追われたコミュニティの間で脆弱性を増大させているかを示しています。

 

2 つの国連機関は、世界に対してパンデミックの社会的・経済的被害が壊滅的なものになる可能性があると警告し、緊急かつ増加する人道的ニーズに対応し、危機の社会経済的影響に対処し、最も脆弱な人々が忘れ去られないようにするための支援を強化することで、パンデミックの発生を防ぐよう呼びかけています。

 

「パンデミックの社会経済的影響は、病気そのものよりも壊滅的なものです。数ヶ月前までは貧しくても何とかやっていける程度だった低・中所得国の多くの人々が、今では生計が破綻しています。海外の労働者から国内の家族に送られる送金も枯渇し、大きな苦境に立たされています。その結果、世界中で飢餓率が急上昇しています」と国連WFPのデビッド・ビーズリー事務局長は述べています。

 

「新型コロナウィルスの危機が健康と人の移動に与える影響は、「移民に関するグローバル・コンパクト」を含む世界的な公約を後退させ、支援を必要としている人々を支援するための継続的な取り組みを妨げる恐れがあります。移動中の人々の権利を保護し、さらなる被害からの保護を確保することは、私たちの集団的責任です」とIOMのアントニオ・ヴィトリーノ事務局長は述べています。

 

パンデミックが人々の移動手段に与えた影響は前例のないものです。220以上の国、テリトリーや地域でパンデミックの蔓延を抑えるための措置や制限が行われた結果、人の移動、仕事や収入を得る機会が制限され、移住者や避難民が食料やその他の基本的なニーズを満たすことができなくなっています。

 

食料不安と避難民は密接に絡み合っています。飢餓は、特に紛争と組み合わされた場合には、人々を移動へと駆り立てる重要な要因となります。世界で最悪の食料危機が発生した10カ国のうち9カ国は、国内避難民の数が最も多い国である。一方、国内避難民の大半は、急性の食料不安と栄養不良の影響を受けている国にいます。

 

世界の1億6,400万人の移民労働者、特にインフォーマル部門で働く労働者は、パンデミックの影響を最も受けています。彼らは多くの場合、社会的保護制度を利用できないまま、低賃金で一時的または季節的に働いています。経済危機の際には、これらの人々が最初に職を失うことが多いです。同時に、季節的な農作業の中断は、食料の生産、加工、流通に影響を及ぼし、地域や地域レベルでの食料の入手可能性と購入可能性に影響を及ぼす可能性があります。

 

持続的な収入がなければ、多くの移民が帰国を余儀なくされるだけでなく、世界の約8億人、つまり9人に1人の人々に不可欠なライフラインを提供している送金が、少なくとも一時的に減少することになると、報告書は警告しています。

 

パンデミックの影響で移民の生計の機会がますます乏しくなっており、世界銀行は2021年までに低・中所得国への送金が14%減少すると予測しています。食料安全保障への影響は壊滅的なものになる可能性があります。国連WFPは、2021年末までに少なくとも3,300万人の人々が、送金額の減少だけで飢餓状態に追い込まれると予測しています。 

 

IOMと国連WFOは国際社会に対し、最も脆弱な人々への直接的な影響を最小限に抑えるためにあらゆる努力がなされることを確認する一方で、回復への道筋を確保するための長期的な投資を確保するよう求めています。

 

報告書の全文はこちらからご覧いただけます。

 

写真はこちらからご覧いただけます。

トピック

Libya 難民と移民

お問い合わせ

James Belgrave, WFP/Rome, james.belgrave@wfp.org,
Mob. +39 366 529 4297

Tomson Phiri, WFP/Geneva, Tomson.Phiri@wfp.org,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London, Jane.Howard@wfp.org,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York, Shada.Moghraby@wfp.org,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington, Steve.Taravella@wfp.org,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/Japan, Mari.Wagatsuma@wfp.org,

MOb. +81 70 4173 9255

Angela Wells, IOM/Geneva, awells@iom.int,
Mob. +41 79 403 5365