Skip to main content

国連WFP、ウクライナ紛争の影響を受けた人びとへ支援

100万人以上がポーランドなどの近隣諸国に避難している中、国連WFPは支援の準備を進めています。
, WFP Staff
Ukrainian family at the Medyka border crossing for Poland
ポーランドとの国境の町メディカに到着するウクライナ人の家族。2月26日. Photo: Dominika Zarzycka/NurPhoto via AFP 

WFP国連世界食糧計画(国連WFP)は、ウクライナ政府からの要請を受け、ウクライナ国内、また近隣諸国へ紛争から避難している人びとへ緊急の食料支援を開始します。

 

「一般市民の生命と生活に対する敵対行為の影響に深く憂慮しています」と国連WFPの緊急支援部門ディレクターマルゴット・ヴァン・デル・ヴェルデンは述べました。「状況が変わる中、影響を受けたコミュニティーが継続して必要とする人道支援にアクセスができるようにし、現場にいる人道支援者の安全を保障しなければなりません。」

A Ukrainian woman at the Medyka crossing into Poland
メディカでポーランドへ渡るウクライナ人の女性。2月26日. Photo: Dominika Zarzycka/NurPhoto via AFP

中立性、公平性、独立性の人道原則に基づき、食料支援はまずルーマニアとポーランドを対象とし、その後モルドバとスロバキアにも拡大する可能性があります。

 

進行中の戦争による人道的な影響は容易に推計できませんが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、紛争開始以降、すでに100万人以上のウクライナ人が自国を離れて近隣諸国に避難しているとしています。ウクライナの西側の近隣諸国に向かって、何キロにもわたる交通渋滞が発生しています。 

People crossing into Poland from Ukraine
夜間に気温がマイナス2℃まで下がる中、紛争を逃れている家族は寒さと恐怖、飢えにうちひしがれています。. Photo: Dominika Zarzycka/NurPhoto via AFP

ウクライナの男性は国を離れることが許可されていないため、ポーランドとの国境に向かっている人びとの多くは女性や子どもたちです。気温は夜間にはマイナス2℃まで下がる中、ポーランドへ渡るためには最大40時間かかるとみられています。家族は寒さと恐怖、飢えなどにうちひしがれています。

 

進行中の紛争の影響を受けている首都キエフとハリコフでは、食料と飲料水が不足している地域があると報告されています。

Orlovske, Donetsk Region in 2016
2014年から2018年にかけて国連WFPはウクライナで紛争の影響を受けた地域で支援を行いました。 (in the photo: Orlovske, Donetsk Region, 2016). Photo: WFP/Deborah Nguyen

首都にいる国連WFPのスタッフによると、食料物資が減り、スーパーの棚はほぼ空になっています。キエフの住民の多くは地下鉄の駅に避難をしており、食料不足が課題となります。

 

国連WFPのチームはキエフ市内、そして近隣諸国に現場入りし、国連を代表して緊急通信・物流支援をリードしています。

 

黒海流域は世界の穀物と農業生産の重要な地域で、紛争による食料安全保障への影響はウクライナにとどまりません。

A WFP distribution in Mariupol in 2016
2016年マリウポリでの国連WFPの食料配布. Photo: WFP/Deborah Nguyen

かつてないほど人道的ニーズが高まっている今年、世界の大きな緊急事態へ食料支援を行っている国連WFPの活動にも影響が出かねません。

 

「ウクライナ、ロシアの地域から約半分の穀物を調達しています。食料価格や輸送、原油、燃料費に劇的な影響が及ぶでしょう」と国連WFPのデイビッド・ビーズリー事務局長はイエメンからのソーシャルメディアの投稿で話しました。「大惨事の中の大惨事です。」と付け加えました。

 

A WFP distribution in Orlovske in the Donetsk region in 2016
2016年ドネツクのオルロフスキーで国連WFPによる食料配布.​​​​​ Photo: WFP/Deborah Nguyen

2014年から2018にかけて国連WFPはウクライナ東部で支援を行い、100万人以上に対して現金、食料引換券、現地で調達した食料を政府支配地域と非政府支配地域の両方で届けました。

 

国連WFPは世界で8億1100万人が飢餓に苦しんでいると警告しています。急性食料不安に苦しむ人びとも、新型コロナウイルス感染症の影響などにより2019年の1億3500万人から2億7600万人へと急増しています。

 

38か国では4400万人が飢きんの瀬戸際にあります。ウクライナの危機によるニーズを満たすと同時に国連WFPは昼夜を問わず世界中で展開している活動に対する重要な物資への影響が最小限となるよう尽力しています。

 

ウクライナへのご寄付はこちらから

 

国連WFPの緊急対応について詳しくはこちら

 

今こそ行動する時です。

国連WFPの財源は任意の拠出金によってすべて賄われているため、皆さまからの寄付が重要です。
すぐに寄付する。