Skip to main content

ガザ地区における人道的大惨事の拡大に関する国連WFPの声明

ローマーガザ地区における戦闘の再開は、すでに市民を襲っている食料危機の大惨事をさらに悪化させることになります。

戦闘が7日間休止したことにより、国連世界食糧計画(国連WFP)とパートナー機関は、人道支援を拡大するための安全を確保することができました。この期間に、避難所の外に設置された食料配給拠点の数を二倍以上増やし、北部の一部地域を含め、これまでアクセスできなかった場所に食料を届けました。国連WFPは、わずか1週間で約25万人を支援しました。

非常に残念なことに、この切実に必要とされていた前進は、今は失われています。戦闘の再開によって、支援物資の配布はほぼ不可能となり、人道支援に携わる人の命も危険にさらされています。なによりも、支援食料だけが唯一の生命線である200万人を超えるガザ地区の市民にとって、これは大惨事を意味します。

人道支援者は、ガザ地区全域に命を救うための緊急支援を届けるために、安全で、妨げられることのない、継続的なアクセスを必要としています。すべての当事者は、国際人道法の下での義務を守らなければなりません。

一方で、永続的な平和のみが、この苦しみに終止符を打ち、ガザに迫る人道的大惨事を回避することができます。国連WFPは人道的停戦を呼びかけるとともに、すべての指導者に対し、この悲惨な紛争の影響を受けているすべての家族の苦しみを終わらせるため、政治的解決策を緊急に見出すよう強く求めます。 

# # # 

国連世界食糧計画について

WFP国連世界食糧計画は飢餓ゼロを使命として活動する世界最大の人道支援組織であり、緊急時に人の命を救い、食料支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響を受けた人びとのために、平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。

Follow us on X, formerly Twitter, via @WFP_JP  @wfp_media  

トピック

パレスチナ 紛争 緊急支援 ロジスティックスと輸送ネットワーク

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Abeer Etefa WFP/ Cairo,
Mob.
+20 10 666 34352

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806

Nina Valente, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Martin Rentsch, WFP/Berlin,
Mob +49 160 99 26 17 30

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Thida Ith, WFP/ Ottawa,
Mob. +1 613 608 2587