Skip to main content

パンデミックは、学校給食への子供のアクセスの歴史的な進歩を脱線させる

 Photo: WFP/Alexis Masciarelli, primary school children eat their hot meal in their classroom at the Catherine Flon state school, in the city of Jeremie, Haiti.
Photo: WFP/Alexis Masciarelli, primary school children eat their hot meal in their classroom at the Catherine Flon state school, in the city of Jeremie, Haiti.
ローマ ― 新型コロナウィルスの大流行は、学校での無料の毎日の食事を通じて、世界で最も弱い立場にある子どもたちに栄養価の高い食べ物を提供するための世界的な取り組みにおける10年間の苦労の成果を覆す危険性があると、国連WFPは本日発表された報告書で述べています。

世界の学校給食状況報告書によると、パンデミックが発生した時には、2人に1人の学童、つまり3億8800万人の子供たちが学校給食を受けていましたが、これは史上最高の数字でした。2020年4月までに、199カ国が学校を閉鎖し、3億7,000万人の子どもたちが、多くの児童にとって唯一の栄養価の高い食事を突然奪われました。

 

政府にとって、学校閉鎖は、最も弱い立場にある子どもたちを支援し、子どもたちの未来を守るために学校給食が果たす重要な役割にスポットライトを当てたと、報告書の著者たちは述べており、学校給食活動の範囲をパンデミック前のレベルに戻し、パンデミックの前から食事が不足していた約7,300万人の弱い立場にある子どもたちに手を差し伸べるために、さらに拡大するための世界的な行動を呼びかけています。

 

「学校給食はゲームチェンジャーです ― 子どもたちのために、コミュニティのために、そして国のためにー」と国連WFP事務局長デイビット・ビーズリーは述べました。「まず、その1日1食は、多くの場合、空腹の子供たちが学校に行く理由です。また、ロックダウンが終わった後も、子どもたちが学校に戻ってくるようにするための強力な動機にもなります。新型コロナウィルスが世界で最も弱い立場にある何百万人もの子どもたちの未来を破壊するのを阻止するために、私たちはこれらのプログラムを再び、そして以前よりもさらに改善して実行に移す必要があります」

 

報告書によると、国連WFP は 2021 年には、開発機関、ドナー、民間セクター、市民社会組織と協力して、学校給食プログラムの拡大に向けて政府を支援するための連合体を構築する予定です。

 

2013年から2020年の間に、学校給食を受ける子どもの数は、各国政府がプログラムを拡大し、学校給食を世界で最も広範な社会的セーフティネットにしたことで、世界的に9%、低所得国では36%増加しました。

 

研究では、貧しい家庭の子供の生活に、学校給食は大きな影響を与えることができることが示されています。学校給食は飢餓を食い止め、長期的な健康をサポートし、子供が学び、繁栄するのに役立ちます。これは女の子のために特に当てはまります。学校給食プログラムがある場所では、女の子が長く学校に滞在し、児童婚の割合が下がり、十代の妊娠が減少します。

 

地元で生産された食品を使用する場合、学校給食プログラムはまた、コミュニティの経済を高めることができます。 より多様で栄養価の高い食品の需要を作り出すとともに、地域の農業を支援し、食料システムを強化することで安定した市場を作ります。

 

新型コロナウィルス後の世界では、学校給食プログラムは、国の成長を支援し、経済発展を促進しながら、健康で教育を受けた人口の育成に貢献するため、優先順位の高い投資であると、「世界の学校給食の現状」レポートは述べています。

 

効率的な学校給食プログラムは、1米ドルの投資に対して最大9米ドルの利益をもたらします。国連WFPの計算によると、10万人の子どもたちに給食を与えるごとに、約1,668人の新規雇用が創出されます。

 

「国連WFPはパートナーと協力して、住んでいる場所に関係なく、お腹をすかせたまま学校に通う子どもがいないように、あるいは学校に全く通わない子どもがいないようにするために全力で取り組んでいます。ここ数カ月の混乱の後、私たちはこの機会を捉えて、私たち全員が望むより良い世界の構築に着手しなければなりません」と、ビースリー事務局長は報告書の序文の中で述べています。

 

写真のダウンロードはこちら

映像のダウンロードはこちら

レポートのダウンロードはこちら

 

                                      #                      #                          #

 

国連世界食糧計画(WFP)は、2020年のノーベル平和賞を受賞しました。 私たちは世界最大の人道支援組織であり、緊急時に人命を救い、食糧支援を活用して、紛争や災害、気候変動の影響から立ち直った人々の平和、安定、繁栄への道筋を構築しています。 

トピック

学校給食支援

お問い合わせ

 

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Martin Penner, WFP/Rome,
Mob. +39 345 614 2074

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Shada Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Julie Marshall, WFP/Canada,
Mob +1 905 818 2664