Skip to main content

紛争が激化しているサヘルの中心部では、人の命を救うために人道的アクセスが非常に重要

Photo: WFP/ Photogallery
Photo: WFP/ Photogallery
ダカール/ローマ - 国連世界食糧計画(WFP)は本日、WFPのような組織に人道的アクセスが緊急に認められない限り、ブルキナファソ、マリ、ニジェールの一部で壊滅的なレベルの飢餓が深刻な打撃を与える可能性があると警告しました。この警告は、2020年10月20日にコペンハーゲンで開催される中央サヘルに関するハイレベル閣僚会議を前にしたものです。

西アフリカの中央サヘル地域の740万人の人々は、暴力と不安定さによって急性の飢餓状態に追い込まれています。国内避難民の数は2年前の7万人から現在では160万人近くに増加しており、マリでは28万8,000人以上、ニジェールでは26万5,000人以上、ブルキナファソでは100万人以上と、世界で最も急速に拡大している避難民の危機に直面している。

 

国連WFP西アフリカ地域ディレクターのクリス・ニコイは、「脆弱なコミュニティに手が届かない場合、食料不安が悲劇的に急増し、サヘルでは何千人もの人々がさらなる貧困状態に追い込まれています」と述べています。「恐ろしい暴力と紛争によってアクセスが困難になったブルキナファソ北部の一部では、現在1万人以上の人々が飢饉まであと一歩のところまで来ています。世界は、子どもや女性、男性が死ぬまで行動を起こすのを待つことはできません。人道的組織が、最も必要としている人々に援助を提供する能力は、紛争と不安定さの悪化によって危険にさらされています。一方で、ブルキナファソ、マリ、ニジェールでは、支援を行うスタッフが非国家的武装集団からの標的にされることが増えています。これは、貧しいコミュニティが危機的な状況にあるときに、彼らが頼りにしている命を救う人道支援を、利用できないことを意味しています。

 

2020年のノーベル平和賞受賞者である国連WFPは、会議の参加者に対し、組織が地域社会や現場のすべてのアクターと関わり、人道支援を必要としている人々に安全な道を開く方法を見つけることを強く求めている。会議はデンマーク、ドイツ、欧州連合(EU)、国連が主催します。

 

国連WFPは、危機の深刻化とニーズの高まりに対応して命を救う支援を強化し続けており、8月だけでも340万人以上の人々を支援しました。

 

国連WFPはブルキナファソでのニーズの高まりに対応するために規模を拡大してきたが、財政面での見通しは憂慮すべきものとなっています。国連WFPはすでに2020年7月からの配給量の削減を余儀なくされており、11月までに家や農場、仕事から逃げ出し、他に選択肢がない避難民への緊急支援が中断される危険性があります。 中央サヘル3カ国での活動を維持するために、WFPは今後6カ月間で1億3,570万米ドルを必要としています。

 

同時に、国連WFPは危機に瀕したコミュニティへの回復力強化支援の強化にも取り組んでいます。国連WFPの介入には、コミュニティ資産の再生、劣化した土地の改善、学校給食、栄養不良の予防と治療のためのコミュニティベースの栄養活動などが含まれます。2018年以降、ニジェール、マリ、ブルキナファソでは、100万人以上の人々が国連WFPの統合的なレジリエンス活動の恩恵を受けています。

 

Broadcast quality video available:

Shotlist: https://spaces.hightail.com/receive/cNfMpNV7Mq 

Streaming: https://content.jwplatform.com/videos/OuJBjvWn-wOVdt6af.mp4

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

 

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

 

トピック

Burkina Faso Mali Niger

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

George Fominyen, WFP/ Dakar,
Mob. +221 77 639 4271, 

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Tel. +39 06 6513 3725
Mob. +39 346 7600 806
Bettina Luescher, WFP/ Berlin,
Mob. +49 160 9926 1730
Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474
Shaza Moghraby, WFP/ New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan, 

Mob. +81 70 4173 9255