Skip to main content

国連WFP スーダンのエチオピア難民支援のための緊急資金提供を求める

Photo: WFP/Leni Kinzli, Ethiopians fleeing intense fighting in their homeland of Tigray, gather in the neighbouring Sudanese Um Rakuba Refugee Camp, Gedaref State.
Photo: WFP/Leni Kinzli, Ethiopians fleeing intense fighting in their homeland of Tigray, gather in the neighbouring Sudanese Um Rakuba Refugee Camp, Gedaref State
ハルツーム ― 国連世界食糧計画(WFP)は、スーダンで安全を求めるエチオピア難民の当面のニーズを満たすために、2460 万米ドルの支援を求めています。11 月 4 日にエスカレートしたエチオピアのティグレイ地方での紛争により、3 万人以上のエチオピア人が国境を越えてスーダンに逃げ込むことを余儀なくされています。

「私たちは自分たちの町で仕事をしていたのですが、大きな爆発音を聞いてスーダンの国境に逃げ込み始めました。それは突然のことで、誰もがお金を持っていませんでした。多くの人が家族のもとを離れ、今ではどこにいるのかわからないです」とゲダレフ州のウムラクバ・キャンプに住む25歳の難民、デジェン・ファンタイさんは語りました。

 

「スーダン政府、地元当局、国連WFP、その他の組織がここで生き延びるための支援をしてくれたことに感謝したい」と彼は付け加えました。

 

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、11月19日現在、スーダンには31,000人以上の人々が到着しており、食料やその他の支援を緊急に必要としています。エチオピアから毎日のように人々が流入しており、ティグレイの不安定な状況が続けば、今後6ヶ月間に最大20万人がスーダン東部に避難する可能性があると推定されています。

 

「エチオピアとスーダンの国境での人道的状況は急速に悪化しており、非常に緊急性の高いものとなっています。国連WFPは他の国連機関、スーダン政府、現地パートナーとともに、食料や後方支援を提供する上で重要な役割を果たしています」と国連WFPスーダン事務所ハメド・ヌル代表は述べています。

 

「この悲惨な状況に対応するためには、すべての関係者が一歩踏み出す必要があります。私たちは、この危機の中で命を救うことができるよう、寄付者に惜しみない寄付をするよう訴えています」と付け加えました。

 

国連WFPはレセプションセンターに到着した難民に温かい食事を提供しています。炊事設備がない場所では、国連WFPは栄養強化された高エネルギービスケットを提供しています。難民はレセプションセンターを通過してキャンプに到着すると、レンズ豆、ソルガム、油、塩などの配給を受け取ります。

 

国連WFPはまた、食料やその他の重要な人道支援を保管するための供給ハブを設置するなど、人道支援コミュニティへの後方支援も行っています。また、国連WFPは、国連WFPが管理する国連人道支援航空サービス(UNHAS)を利用して、人道支援者を被災地に輸送する上でも重要な役割を果たしています。

 

国連WFPは、1ヶ月間6万人を養うのに十分な食料を迅速に送りました。しかし、その食料は既存のプログラムから借りなければなりませんでした。新たな到着者の流入は、スーダン全土で複数の危機に対処している国連WFPの既存のニーズへの対応能力に負担をかけることになります。

 

国連WFP は、スーダンで最も脆弱な人々の食料ニーズを満たすための活動のために、今後 6 ヶ月間で 1 億 5,300 万米ドルの資金不足に直面しています。その中には、到着するエチオピア難民への食料・栄養支援のための 2,000 万米ドル、スーダン東部への UNHAS 便の増便のための 380 万米ドル、難民が到着する遠隔地やアクセスの難しい地域に対応できるようにするための道路補修のための 75 万米ドルが含まれています。

 

この追加資金は、最も脆弱な状態にある食料不安の人々が、今後6ヶ月間、継続的な支援を受けられるようにするために必要不可欠なものです。

 

放送品質の映像はこちらから、写真はこちらからご覧いただけます。

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

トピック

Sudan 紛争 資金調達 難民と移民

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Leni Kinzli, WFP/ Khartoum,
Mob: +249 91 722 1269 WhatsApp: +1 917 242 8707

Peter Smerdon, WFP/ Nairobi,
Mob. +254 707 722 104

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan,

Mob. +81 70 4173 9255