Skip to main content

国連WFP ケニアの難民への深刻な食料不足を警告

Photo: WFP/ Photogallery, Refugees wait to collect food at a centre in Kakuma camps
Photo: WFP/ Photogallery, Refugees wait to collect food at a centre in Kakuma camps
ナイロビ - 国連世界食糧計画(WFP)は本日、新たな資金が迅速に受け取られない限り、ケニアの43万5千人以上の難民が差し迫った食料不足に直面していると警告しました。

国連WFPは、2021年1月から6月までの間、ケニアの難民への食料・栄養支援を継続するために5,700万ドルを必要としています。新たな資金がなければ、国連WFPは1月から始まるすべての現金支援を完全に停止しなければならず、3月までに食料の在庫は完全に枯渇することになります。難民の家族の多くは、国連WFPの食料のみに頼って生活しています。

 

「国連WFPはダダーブ、カクマキャンプ、カロベエイ地区に住む難民への食料支援のための資金不足に直面しています」と、国連WFPケニア事務所のローレン・ランディス代表は、ケニア国内の3つの主要な難民キャンプについて述べています。「私たちはすべての資源を使い果たし、率直に言って生命を脅かす危機に直面しています」。

 

資金不足により、国連WFPは昨年9月の時点ですでに3分の1以上の食料配給を削減せざるを得なくなり、難民の健康と栄養状態が危ぶまれています。

 

「私たちは、難民への食料と現金の提供を継続できるよう、新たな資金を迅速にいただけるようドナーに訴えています。命を救う難民支援の活動へこの規模の混乱は壊滅的なものになるでしょう」とランディス氏は述べました。

 

北西部のカロベイ地区に住む4万人の難民が最初の被害を受ける危険性があります。

 

ダダブとカクマの難民キャンプでは、国連WFP は約 40 万人の難民に現金と食料を併用して提供しているが、彼らの食料配給に含まれる主食用穀物の約 60%は現金でまかなわれています。

 

支援の大幅な削減や完全な停止は、難民の健康と栄養、さらにはキャンプや周辺コミュニティの安定性と安全性にも影響を及ぼす可能性があります。これは、過去2年間に行われた他の配給削減により、子どもと母親の栄養不良が増加したことに続くものです。

 

国連WFPは、ケニア政府が難民の受け入れを継続し、包括的難民対応フレームワーク(CRRF)の下での義務を果たし、現地サービスへのアクセスを開放し、土地を提供し、難民と現地住民とのより大きな統合を可能にしていることを称賛します。

 

CRRFは、ケニアの負担を軽減するために難民の当面の人道的ニーズを満たすための国際社会のコミットメントを概説しています。難民受け入れ国政府とその善意を支援し、開発上の利益を損なうことのないようにするためには、追加の支援が必要です。

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

 

トピック

Kenya 食料安全保障 難民と移民

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Martin Karimi, WFP/Nairobi,
Mob. +254 707 722 161

Amanda Lawrence-Brown, WFP/Nairobi,
Mob. +254 707 722 105

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan,

Mob. +81 70 4173 9255