Skip to main content

「アフリカの角」全ての世代が飢餓の危機

「アフリカの角」全ての世代が飢餓の危機
{SUMMARY TODO}

FB.init({
appId : '',
status : true, // check login status
cookie : true, // enable cookies to allow the server to access the session
xfbml : true // parse XFBML
});

7月24日 ナイロビ発

ジョゼット・シーランWFP事務局長は、現在WFPが支援を届けられない状況にあるソマリア南部に関し、食糧の空輸を含めありとあらゆる方法を検討し、同地域への支援を行いたいという考えを表明した。「我々は、支援を必要としている人々が暮らしている場所からできるだけ近いところで支援を行いたいと考えています。」シーラン事務局長はこう語った。「アフリカの角」地域で干ばつの被害が特に著しいソマリア、ケニア、エチオピアの3カ国を視察訪問したシーラン事務局長は25日、集まった記者団に対して、ソマリア南部から飢餓を逃れようと脱出した人々、特に栄養失調で体が弱ってしまった子どもたちの多くが避難の途中で命を落としていると訴えた。

死への道

シーラン事務局長は、「私が話を聞いた女性の半数以上は、避難する途中で弱ってしまった子どもを置いていかなければならなかったり、あるいは道中で子どもたちが死んでしまったそうです。彼らが避難のため歩いてきた道は、死への道と化しています。このアフリカ北東部では、一つの世代がまるごと失われてしまうほどの危機に面しています。」と述べ、幼い子どもたちが、脳の発育に必要不可欠な栄養を得られないことに対して深い懸念を示した。

また、オーストラリアのケビン・ラッド外相は国際社会に対して、事態のこれ以上の悪化を防ぐため、WFPやその他の人道支援団体へのさらなる支援を求めた。ラッド外相はこう語る。「我々は、何もせず、ただ座って手をこまぬいている事もできます。しかし同時に、いま行動を起こすこともできるのです。支援活動は複雑で危険なものになるでしょう。現場では治安が不安定な状態が続いています。我々は国連に対して理解を示さなければなりません。」

また、カナダのビバリー・オダ国際協力大臣は、「これは時間との戦いです。私たちは飢餓に苦しんでいる人々のため、これらの地域へ入って支援活動を行う手段を確保しなければなりません。人々が苦しんでいるのを、ただ傍観しているわけにはいかないのです。」と訴えた。

活動資金の不足

シーラン事務局長は、これまでに100万ドルを超える寄付がインターネットを通じて集められ、また各国政府からも2億ドル以上の支援金が表明されたと発表した。しかし、支援活動資金は未だに3億6000万ドルが不足している。「我々は、ソマリアですでに150万人に対してすでに支援を行っていますが、さらに200万人が支援を待っています。」土曜日、ケニアのワジールで行われた会見でシーラン事務局長はさらにこう訴えた。「ソマリアはWFPの支援活動現場としては最も危険な場所でしょう。しかし、今、多くの人が命を落としているのです。」
wfp_jpをフォローしましょう
シーラン事務局長のソマリア訪問時の様子