Skip to main content

国連WFPの新報告書 = 新型コロナウイルスが課題に追加され、食料へのアクセスが著しく不平等になっていると報告

Photo: WFP/ Gabriela Vivacqua, South Sudan, Nyal
Photo: WFP/ Gabriela Vivacqua, South Sudan, Nyal
ローマ - 国連世界食糧計画(WFP)が本日発表した新しい調査によると、新型コロナウイルスの大流行が紛争、気候変動、経済的な問題と結びついて世界の飢餓レベルを押し上げているため、2020 年は基本的な食事が何百万人もの人々の手に届いていません。

国連WFP の報告書「一皿の食料のコスト 2020」では、米や豆などの簡単な食事に最もコストがかかる国を、人々の所得と比較して明らかにしています。南スーダンが再び上位にランクインしており、基本的な食材のコストは一人の一日の収入の186%という驚異的な金額となっています。この指標で取り上げられた上位20カ国のうち17カ国は、サハラ以南のアフリカに位置しています。

 

国連WFP事務局長のデイビッド・ビーズリーは「この新しい報告書は、紛争、気候変動、経済危機の破壊的な影響を明らかにしていますが、新型コロナウィルスはそれに加えて、飢餓を増大させる要因となっています。最悪の影響を受けているのは、最も脆弱な人々です。新型コロナウイルスが流行する前、私たちは第二次世界大戦以来最悪の人道的危機に直面していました。今や彼らの窮状は非常に悪化しており、パンデミックは人道的大惨事にほかなりません」と述べています。

 

報告書では、紛争が多くの国で飢餓の中心的な原因となっていることを強調しています。紛争は人々を家、土地、仕事から強制的に追いやり、収入を大幅に減らし、手頃な食料の入手可能性を低下させています。食料安全保障と平和の間の密接な関係は、先週、国連WFPが飢餓との闘いでノーベル平和賞を受賞した際にも強調されていました。

 

一皿の料理が最も高価な国の南スーダンでは、東部での暴力によりすでに6万人以上の人々が避難し、収穫と生計を圧迫しています。これは新型コロナウィルスと気候ショックと相まって、飢饉の脅威を生み出しています。

 

パンデミックが始まって以来、南スーダンに住んでいる人が食料に費やす一日の収入は、27ポイント上昇して186%になりました。ニューヨーク州に住む人が基本的な食事のために給料と同じ割合のお金を払わなければならないとしたら、その食事には393米ドルの費用がかかることになります。

 

この「一皿の食料のコスト 2020」は、国連WFPが、新型コロナウィルス パンデミックに取り組むために早急に行動を起こさない限り、2020年には最大2億7,000万人の人々の生命が深刻な脅威にさらされると予測していることを受けて発表されました。

 

ブルキナファソは初めて取り上げられ、紛争の急増と気候変動が主な要因となっています。 危機的なレベルの飢餓に直面している人々の数は3倍の340万人に達し、北部の州では11,000の人々が飢餓に脅かされています。ブルンジもまた、政治的な不安定さ、送金額の急激な減少、貿易や雇用の混乱により、飢餓の拡大にさらされていることからこの指数に含まれています。

 

ハイチも上位20位にランクインしており、消費者は一皿の食料に一日の収入の3分の1以上を費やしており、これはニューヨーク州の人の場合、74米ドルに相当します。ハイチで消費される食料の半分以上と米の83%を輸入品で占めているため、ハイチはインフレや国際市場での価格変動、特に現在の世界的なパンデミックのような危機の際に脆弱になっています。

 

「都市部の人々もまた、新型コロナウィルスによって失業率が大幅に上昇し、人々は食料購入のために頼っていた市場を利用することができなくなっています。何百万人もの人々にとって、1日の賃金を失うということは、自分自身や子どもたちのために、1日分の食料を失うことを意味します。これはまた、社会的緊張の高まりや不安定さの原因にもなります」と国連WFPのビーズリー事務局長は述べています。

 

国連WFPの支援には、食料や現金の支援、政府のセーフティネットの拡充支援などが含まれます。南スーダンでは、500万人への通常の支援に加え、さらに160万人(主に都市部)を支援する予定です。

 

長期的には、手頃な価格で栄養価の高い食料を入手するためには、効果的な食料システムが不可欠です。国連WFPが食料を調達するということは、食料を生産し、人々の食卓に届けるシステムを改善する上で、国連WFPが果たすべき重要な役割があることを意味しています。

 

今回で3回目となる国連WFPの「一皿の食料のコスト」レポート(以前は「豆の数え方」と呼ばれていました)は、36カ国を対象にしています。このレポートでは、各国の一人当たりの平均所得を推定し、基本的な食事、例えば豆やレンズ豆、そしてその国の好みに合った炭水化物に何%をかけなければならないかを計算しています。ニューヨーク州の人が支払うであろう価格は、発展途上国の人の食事と所得の比率を米国の消費者に適用して計算されました。

 

#                                             #                                             #

 

Photos available here

 

国連WFPについて 

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。 

 

Topics
Burkina Faso Burundi Haiti South Sudan 食料安全保障
お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Mob. +39 346 7600 806

Bettina Luescher WFP/ Berlin,
Mob. +49 160 9926 1730

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma WFP/Tokyo,
Mob. +81 70 4173 9255

KG Sohn WFP/ Seoul,
Mob. +82 10 8994 2052

Yiwen Zhang WFP/Bejing,
Mob. + 86 13601169994

Zeina Habib WFP/Dubai,
Mob. + 971 52 4724971