Skip to main content

新たなACジャパン広告スタート

認定NPO法人国連WFP協会(横浜市)は、7月1日(金)より公益社団法人ACジャパン(以下、ACジャパン)の2022年度公共広告支援キャンペーンによる広告を開始いたします。2022年7月より1年間、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など全国の各メディアで放送・掲載予定です。
AC2022
「最初の一粒」

2022年度のテーマは「最初の一粒」。おいしいものを不自由なく食べることのできる日本。「最後の一粒までちゃんと食べなさい」という言葉は、一度は聞いたことや言ったことがあるのではないでしょうか。しかしその一方で、気候変動や紛争などにより10人に1人が飢餓に苦しんでおり、「最初の一粒」も手に入らない子どもが世界にたくさんいます。日本人の食を大切にする気持ちを伝えながら、「最初の一粒もない」国がある事実を伝えることで世界の飢餓問題への興味関心を喚起する内容です。ナレーションは女優の杏さんが担当し、力強く優しさのこもった声で世界の現状を伝えています。 

 

国連WFP協会 鈴木邦夫(すずきくにお)事務局長のコメント 

今世界では、ウクライナ戦争をはじめとする紛争や気候変動、新型コロナウイルス感染症拡大などにより食料不足に陥る人びとが増加しており、人道支援ニーズがかつてないほどに高まっています。国連WFP協会は、国連WFPの日本における公式支援窓口として、日本の皆様へ国連WFPの各国の活動を伝えています。今年のACジャパンの広告を通して、今こそより多くの方々に世界の飢餓問題について身近に感じてほしい、1食の支援から未来を変えられることを知ってほしい、そんな思いを込めて制作しました。放送中のCMは下記HPからご覧になれます。どうぞご覧ください。
 

CM動画はこちらでご覧いただけます

 

■国連WFPとは
飢餓をなくすことを使命に活動する、国連唯一の食料支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、120以上の国と地域で活動しています。2020年にはノーベル平和賞を受賞しました。

■認定NPO法人 国連WFP協会とは
国連WFPを支援する認定NPOで日本における国連WFPの公式支援窓口です。募金活動のほか、企業・団体との連携、広報を通じて、日本における支援の輪を広げています。

今こそ行動する時です。

国連WFPの財源は任意の拠出金によってすべて賄われているため、皆さまからの寄付が重要です。
すぐに寄付する。