Skip to main content

WFPチャリティーエッセイコンテスト2022「わけあおう!わたしの幸せごはん」 応募締め切り迫る! ~応募1作品が給食2日分の寄付に~

認定NPO法人 国連WFP協会が主催する「WFPチャリティーエッセイコンテスト2022」の応募期間が9/2(金)までと、 締め切りが迫っています。 小学4年生から大人まで幅広い世代の方々から作品を募集しています。 1作品の応募ごとに、 給食2日分(60円)が寄付協力企業より国連WFPに寄付され、 学校給食支援に役立てられます。 昨年は2万3,075通の応募があり、 およそ6万9,200人の子どもたちへ給食を届けることができました。
審査員

 

今年のテーマは 「わけあおう!わたしの幸せごはん」 。 世界で起こる様々な出来事。 離れていても、 困難な状況でも、 幸せな気持ちはきっと誰かと一緒に感じることができるはず。 こんな時だからこそ「ごはん」を通してみんなと分かち合いたい思い出や幸せエピソードを教えてください。 今年は、 芸人のおいでやすこがさんをはじめ、 各界で活躍するふなっしーさんと竹下景子さんを特別審査員に迎えています。 

世界の82カ国では過去最大の3億4500万人が、 急性食料不安に苦しんでいます。 45カ国では5000万人が飢きんの瀬戸際にあり、 人道的支援なしにはさらに深刻な状況に陥ります。 そうした中、 国連WFPはウクライナ緊急支援など多くの命を支える支援を行っています。 学校給食支援は子どもたちの自立を促す大切な支援です。 栄養改善の取り組みは「持続可能な開発目標(SDGs)」の17目標のうち、 12目標の達成に貢献しており、 国連WFPでも栄養に力を入れた支援を展開しています。 1通の応募が栄養満点の学校給食となり、 途上国の子どもたちの希望と自立を応援し、 平和な世界を作ることにつながります。 ぜひご応募ください。 

<開催概要> 
【テーマ】 「わけあおう!わたしの幸せごはん」【題名】 自由
【部門】 1.小学生部門(4・5・6年生) 2.中学生・高校生部門 3.18歳以上部門
【募集期間】 2022年7月1日(金)~9月2日(金)〔締切日必着〕
【応募方法】 本文200字~800字(題名、 学校名、 学年、 氏名は原稿用紙欄外に記載)。 
     1ページの文字数は20字×20行。 応募は日本語で、 1人1点、 未発表作品に限ります。 
     応募票に必要事項を記入のうえ作品に添付し、 下記宛先に送付してください。 

【お問い合わせ・作品送付先】  WFPエッセイコンテスト事務局
TEL: 03-3980-9030 ※10:00~12:00/13:00~18:00(土日祝日を除く)
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-17-8  NBF池袋シティビル8F ポパル気付

※オンラインでの応募も可能です。 ウェブサイトをご確認ください。 
■WFPエッセイコンテスト専用ウェブサイト: https://www.wfpessay.jp/2022/ 
 
【各賞(予定)】 1.WFP 賞(最優秀作品)1名 2.小学生部門賞 1名 3.中学生・高校生部門賞 1名 4.18歳以上部門賞 1名 5.審査員特別賞 各部門1名 6.佳作 各部門5名 7.WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)
【発表】 2022年10月14日(金)に専用ウェブサイトで発表予定。 
【賞品】 WFP 賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式にて賞状と賞品を進呈。 佳作受賞者には郵送。 WFP学校給食賞受賞校・団体には賞状を郵送。 
※入賞作品の一切の権利は主催者に帰属するものとし、 応募作品は返却いたしません。 

【主催】 認定NPO法人 国連WFP協会
【後援】 WFP 国連世界食糧計画 日本事務所、 外務省、 農林水産省、 文部科学省、 全国都道府県教育委員会連合会、 全国連合小学校長会、 全日本中学校長会、 朝日新聞社、 毎日新聞社、 読売新聞社、 日本経済新聞社、 神奈川新聞社、 東京新聞、 NHK
【特別協賛】 日清食品ホールディングス株式会社、 株式会社三菱UFJ銀行
【寄付協力】 日清食品ホールディングス株式会社、 三菱商事株式会社
【協賛】 アルフレッサ ホールディングス株式会社、 伊藤忠商事株式会社、 伊藤忠リーテイルリンク株式会社、 
井村屋グループ株式会社、 株式会社カネカ、 株式会社湖池屋、 コクヨ株式会社、 株式会社小学館、 昭和産業株式会社、 株式会社真誠、 真如苑、 東洋水産株式会社、 日清医療食品株式会社、 日本ハム株式会社、 富士通オプティカルコンポーネンツ株式会社、 プリマハム株式会社、 三菱食品株式会社、 株式会社村内ファニチャーアクセス、 株式会社モリサワ、 有楽製菓株式会社 
 

今こそ行動する時です。

国連WFPの財源は任意の拠出金によってすべて賄われているため、皆さまからの寄付が重要です。
すぐに寄付する。