Skip to main content

国連WFP「リビア洪水緊急支援」募金受付中

認定NPO法人国連WFP協会(神奈川県横浜市)は、9月14日(木)よりリビア洪水緊急支援募金を開始。これはリビアでの暴風雨「ダニエル」による壊滅的な洪水被害を受けた緊急のニーズに応えるもので、日本の皆さまからの寄付による支援への参加を強くお願いすることを目的としています。

寄付ページ:https://www.jawfp.org/oneshot?btn=LPNR2022libya
電話:0120-496-819(年始を除く年中無休)

リビア洪水の状況

9月10日(日)、リビアの港町デルナに暴風雨「ダニエル」が直撃。強風や豪雨の影響でデルナ郊外の2つのダムが決壊し、壊滅的な被害がもたらされました。これにより、5,000人以上(9/12時点)が死亡し、1万人以上が負傷または行方不明となり、この数は更に増えると予想されています。9月12日(火)より国連WFPは現地のパートナー機関と共に支援活動を開始。ベンガジの16ヵ所で数百世帯に米、パスタ、小麦粉、砂糖、白いんげん豆、トマトペースト、食用油を含む食料を配給しました。すでに2,000人以上の人びとが食料を受け取っており、食料配給は現在も続けられています。今後数週間のうちに、25,000人へ支援を予定しています。

WFP_warehouse_boxes
Photo: WFP/Zakaria Thlaij
 国連WFP協会 青木 創 事務局長のコメント

国連WFPはリビアでの洪水発生前から、毎月、国内避難民、帰還民、都市部の移民を含む5万2,000人へ食料支援と現金支援を行っています。また学校給食などのレジリエンス構築の分野で政府への支援も行っており、現地でのプレゼンスを確立しています。長年にわたる政治的不安定やパンデミックの経済的影響によりもともと脆弱な立場にあった人びとが今回の「人道的大惨事」により更なる困難に直面しています。一人でも多くの人びとを救えるよう、日本の皆さまからの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

■寄付受付および最新情報

寄付ページ:https://www.jawfp.org/oneshot?btn=LPNR2022libya
電話:0120-496-819(年始を除く年中無休)
最新情報:https://ja.wfp.org/

■国連WFPとは

飢餓をゼロにすることを使命に活動する、国連唯一の食料支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、120以上の国と地域に拠点を持っています。2020年にはノーベル平和賞を受賞しました。

■認定NPO法人 国連WFP協会とは

国連WFPを支援する認定NPO法人で日本における国連WFPの公式支援窓口です。募金活動のほか、企業・団体との連携、広報を通じて、日本における支援の輪を広げています。

 

<本件に関するお問合せ先> 認定NPO法人国連WFP協会 広報 渡邊
TEL:045-221-2515 FAX:045-221-2534 E-mail:  pr@jawfp.org
 

皆さまからのご寄付をお待ちしております

国連WFPの活動はすべて、各国政府と民間からの任意の拠出金によって支えられています
寄付はこちらから