Skip to main content

ジンバブエでは何百万人もの人々が飢餓に直面しているが、緊急食料支援の資金は枯渇

A WFP beneficiary divides shares of WFP food assistance at a distribution in Bindura district, Zimbabwe. Photo: WFP/Tatenda Macheka
A WFP beneficiary divides shares of WFP food assistance at a distribution in Bindura district, Zimbabwe. Photo: WFP/Tatenda Macheka
ハラレ - 1 年間の干ばつ、ハイパーインフレ、新型コロナウィルス の上昇により、何百万人ものジンバブエ人が壊滅的な打撃を受けている中、国連世界食糧計画(WFP)は本日、最も食料不安の高い 400 万人以上の人々を今後 6 ヶ月間にわたって支援するため、2 億 400 万米ドルの追加支援を求めました。

最新の国別データによると、3月のピーク時までにはジンバブエの人口の半分近くに当たる約690万人が飢餓状態に陥る危険性があります。これには、「危機的」または「緊急」レベルの飢餓に直面すると予想される農村部の人口の約3分の1と、230万人の都市部に住む飢えた人々が含まれています。 その他の人々は、国連WFP やパートナーの支援のおかげで、深刻な飢餓状態に陥ることを免れられています。

 

「農村部に住むジンバブエ人の半数以上が、食事を抜いたり、食事の量を減らしたり、貴重な持ち物を売却したりして対処するしかありません」と、国連WFPジンバブエ事務所代表のフランチェスカ・エルデルマンは述べています。「もし国連WFPが400万人の人々に手を差し伸べるのに十分な資金を受け取らなければ、家族がさらに限界に追い込まれてしまうのではないかと、私たちは深く憂慮しています」。

 

この資金により、国連WFPは最も弱い立場にある350万人の農村部と55万人の都市部に住む人々に最低限の緊急食料支援を提供することができ、ジンバブエ政府や他のパートナーの対応を補完することができるようになります。

 

最近のZimVACの農村生活評価によると、今年は少なくとも760万人が貧困に陥っており、2019年より100万人多くなっています。国の経済的課題の特徴であるハイパーインフレは、ほとんどのジンバブエ人の手段を超えて、基本的なものの価格を押し上げています。

新型コロナウィルスの影響は状況を悪化させており、貧しい家庭では特に栄養価の高い食事をとることが難しくなっており、ロックダウンのために収入が枯渇しています。

 

ジンバブエの人口の4分の3を占め、食料の大部分を生産している自給自足の農家も、今年は3回目の干ばつの被害を受けたため、苦境に立たされています。

 

国連WFPは緊急に必要とされる人道支援を行い、命を救う活動を行いつつ、活動は開発の利益を創出し保護するための回復力のアジェンダと結びついています。

 

#                                             #                                             #

 

国連WFPについて

国連WFPは世界最大の人道支援機関です。緊急時に人々の命を救う食料支援を届けるとともに、社会の繁栄を築き、紛争や自然災害、気候変動の影響から再起する人々の持続可能な未来を支えています。

お問い合わせ

For more information please contact (email address: firstname.lastname@wfp.org):

Claire Nevill, WFP/Harare,
Mob. +263 787 200557

Deborah Nguyen, WFP/Johannesburg,
Mob. +27 82 6790915

Frances Kennedy, WFP/ Rome,
Tel. +39 06 6513 3725, Mob. +39 346 7600 806

Tomson Phiri, WFP/ Geneva,
Mob. +41 79 842 8057

Jane Howard, WFP/ London,
Tel. +44 (0)20 3857 7413, Mob. +44 (0)796 8008 474

Shaza Moghraby, WFP/New York,
Mob. + 1 929 289 9867

Steve Taravella, WFP/ Washington,
Mob.  +1 202 770 5993

Mari Wagatsuma, WFP/ Japan, 

Mob. +81 70 4173 9255