Skip to main content

食品ロス削減でアフリカに給食を届けるため、16万件以上のSNSアクションが貢献!31の飲食店も売り上げの10%を寄付 ~国連WFP 世界食料デーキャンペーン2019「Zero Hunger Challenge for AFRICA~食品ロス×飢餓ゼロ~」

(c)JAWFP
(c)JAWFP
国連WFP協会は、8月1日~10月31日の3カ月間、食品ロス削減の取り組みが、アフリカでの学校給食支援に繋がるキャンペーン「Zero Hunger Challenge for AFRICA~食品ロス×飢餓ゼロ~」を実施しました。本キャンペーンの取り組みは今年で2回目となり、今年は8月末に横浜で「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」が開催されたことから、横浜市との共催のもと実施しました。

本キャンペーンの柱の一つが、「#ゼロハンガーチャレンジ」です。これは、食品ロスになりがちな食材を使った料理をSNSに投稿したり、キャンペーン協力シェフなどの投稿に、「いいね」等のアクションをしたりすると、寄付協力企業(※)が120円を国連WFPに寄付するというものです。結果、SNSでのアクション総数は16万1,589件に達し(昨年比170%(91,463件))、12企業より学校給食16万8,300人相当のご寄付(*)が集まりました。
(*)寄付金合計505万円分

また、もう一つの取り組みが「ゼロハンガーメニュー」です。これは、キャンペーンの趣旨に賛同頂いた飲食店に、食品ロスに配慮したメニューを店舗で提供頂き、売り上げの10%を寄付頂くものです。ゼロハンガーメニューには、横浜を中心に、北は岩手から南は兵庫まで、計31店舗が参加しました。

世界には、全人口をまかなうだけの十分な食料があるにもかかわらず、およそ9人に1人、8億2,100万人が飢餓に苦しんでいます。一方、全世界で生産された食品の3分の1は捨てられており、日本も年間約650万トンを廃棄している「食品ロス大国」の一つです(国連WFPが2018年に実施した食料支援量の約1.6倍)。 

今年のキャンペーンでは、昨年を上回る数のシェフや料理家など「食」にまつわるインフルエンサーの方々や、企業、団体、メディアなど、様々な方々の賛同を得て、現在、重要な課題として、国・企業も取り組みを開始している「食品ロス」を通じ、より多くの日本の方に、世界における「食の不均衡」や途上国の飢餓について関心を持っていただき、さらに寄付に繋げることができました。 

*「世界食料デー」(10月16日):国連が世界の食料問題を考える日として制定。飢餓・栄養問題についての関心と理解を深め、解決することを目的としています。

 

【キャンペーン実施内容】
1.「#ゼロハンガーチャレンジ」(投稿して寄付)

食品ロスになりがちな食材(賞味期限の迫った食品、野菜の皮や種など)を使った料理の写真を、ハッシュタグ「#ゼロハンガーチャレンジ」「#wfp」付きでSNSに投稿すると、1投稿につき120円が寄付協力企業(※)より国連WFPの食料支援への寄付に。 また、支援に賛同くださったシェフ・料理家・著名人・インスタグラマー等インフルエンサー計41名の「#ゼロハンガーチャレンジ」投稿に対する、アクション(いいね、シェア、リツイート)も各120円の寄付に。(上限計505万円。)結果、#ゼロハンガーチャレンジの投稿および同レシピへのアクション総数は16万1,589件にのぼりました。 

<ご協力頂いたインフルエンサーの皆様(敬称略・五十音順)>
青海七生、akiko@tukadakk、akiko yajima、actcoin、安藤千英、江崎グリコ、枝元なほみ、榎本美沙、大友まりこ、大原千鶴、河井あゆみ、北坂伸子、キムラカズヒロ、クックパッド・クリエイティブクッキングバトル、グリーンピースジャパン・Team Plants、こころのたねyasuyo@kokoronotane、SHIHO、女子大生のゼロハンガーチャレンジ、菅野のな、高田大雅、竹下景子、たけだバーベキュー、タスカジ、Tamaki Udagawa、知花くらら、椿直樹、tomekko@tomekomet、なお @nao_pyon、中村まりこ、ハナマルキ、平井巧、ひろ@hiro71111、ペタル ドゥ サクラ・難波秀行、ホテルニューグランド宇佐神茂、松橋周太呂、丸山久美、みき@mikishi7283、むらじゅん、山崎直子、山下春幸、YUKO GONDO、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ磯貝徹、リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ、ロバート馬場、若井めぐみ 

<※寄付協力企業(敬称略・五十音順)>
アルフレッサ ホールディングス(株)、NOK(株)、キッコーマン(株)、生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ、日清食品ホールディングス(株)、ハナマルキ(株)、不二製油グループ本社(株)、一般財団法人ベターホーム協会、三菱商事(株)、(株)三菱UFJ銀行、有楽製菓(株)、(株)横浜銀行
 
<協力(ゼロハンガーチャレンジの拡散にご協力)>
㈱タスカジ、㈱テレビ神奈川、㈱honshoku、クリエイティブ クッキングバトル実行委員会、クラーク記念国際高等学校

<アクションの内訳>
・「#ゼロハンガーチャレンジ」投稿4,388件(昨年比200%(2,194件))
・インフルエンサーの投稿に対するいいね/シェア/リツイート157,201件(昨年比176%(89,269件))

◎120円の寄付は、途上国の子どもへの給食4日分に相当します。 

 

2.「ゼロハンガーメニュー」(食べて寄付)
本キャンペーンの趣旨に賛同頂いた飲食店計31店舗に、食品ロスに配慮したメニューを提供頂き、売り上げの10%を寄付頂きました。 

<協力店舗(敬称略・五十音順)>
あわじクラフトサーカス、いわてのヴィーガンマフィン・アムタピーニャ、オーシャンテラス、関内バル333、北岡本店、COUTURE BAKE、こまちカフェ、シェ・フルール横濱、重慶飯店、Shukran-KITCHEN、象の鼻カフェ、大ど根性ホルモン、中国名菜 景徳鎮本店(協力:株式会社藤代商店)、中国料理 黒龍、ど根性キッチン、NADABAN by HAL YAMASHITA (日比谷)、ニジゲンノモリ、のじまscuola、梅林、HAL YAMASHITA 東京本店(六本木)、HAL YAMASHITA 大手町 Lounge、濱新、HELLO KITTY SMILE、パン屋のオヤジ、Foodist Link(ケータリング)、ブラスリー ミリー ラ・フォーレ、ミエレ、横濱元町霧笛楼、リストランテ・アッティモ、ル プティ クラージュ、レストラン ペタル ドゥ サクラ 

●キャンペーンウェブサイト:
https://www.jawfp.org/worldfoodday2019/ 
 

お問い合わせ

認定NPO法人 国連WFP協会 広報
Tel.045-221-2515
Email. pr@jawfp.org(メール送付の際は、@を半角に修正してください)