Skip to main content

2020年 世界食料デーイベント /World Food Day Event 2020

「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」
10/16開催 「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」
10月16日の「世界食料デー」は、飢餓に苦しむ人々のため、そして全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す、国連の重要な記念日です。毎年、各国政府、企業、メディア、自治体、市民社会組織、そして一般市民が集結し、約150の国々で関連のイベントや啓発活動が実施されます。

= English texts to follow =

2020年の世界食料デーのテーマは、「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」です。世界各国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行の広範な影響の対処に追われる中、今年の世界食料デーは、世界が、そしてとくに最も脆弱な人々が、危機から回復することを目指し、持続可能でレジリエンスあるフードシステムの構築に向けた世界的な連帯と協力を呼び掛けています。また私たちは、生産者や食品業界の方々を含め、厳しい状況の中でも食料が農場から私たちの食卓に至る過程を支え続けているフードヒーローを称えます。

 

国連WFP日本事務所は、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所、国際農業開発基金(IFAD)との共催で、10月16日(金)に日本人を主な対象としたオンラインイベントを開催します。ローマに本部を置き、食料・農業分野の課題に取り組む国連3機関が集うこのイベントでは、持続可能な開発目標(SDGs)にも掲げられている、飢餓と栄養不良のない世界を実現する方法について話し合います。パネルディスカッションは、日本担当FAO親善大使であるキャスターの国谷裕子氏が司会を務めます。

 

【イベント概要】

イベント名:2020年 世界食料デーイベント:育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。

日時:2020年10月16日 16:00 – 17:30 (日本時間)

場所:オンライン(Zoom)

言語:日本語・英語(同時通訳あり)

主催:FAO駐日連絡事務所

共催:IFAD、国連WFP日本事務所

参加登録:要事前申し込み。こちらの参加登録フォームからお申し込みください。
         (当日の定員は先着500名です。)

イベントハッシュタグ#WorldFoodDay #FoodHeroes   #世界食料デー

 

【プログラム】

(※イベント内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。)

16:00 開会

16:05 開会挨拶 外務省

16:10 プレゼンテーション「2020年世界食料デー」
                     FAO駐日連絡事務所長 日比絵里子

16:20 パネルディスカッション

    モデレーター:日本担当FAO親善大使 国谷裕子

    パネリスト:

    農林水産省:大臣官房国際部 国際政策課長 西経子氏

    IFAD: グローバルエンゲージメント・パートナーシップ・資金調達部 部長 

                        ロン・ハートマン

    WFP:日本事務所代表 焼家直絵

    FAO:駐日連絡事務所長 日比絵里子

17:00 質疑応答

17:25 ご挨拶 日本担当FAO親善大使 中村勝宏

17:30 閉会

 

【主催・共催団体情報】

国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所
ウェブサイト(英語): http://www.fao.org/home/en/
ウェブサイト: http://www.fao.org/japan/jp
FAOと日本の連携について: http://www.fao.org/in-action/japan-fao-partnering/en/

国際農業開発基金(IFAD)
ウェブサイト(英語):https://www.ifad.org/en/
IFADと日本の連携について:https://www.ifad.org/en/web/knowledge/publication/asset/39450069

国連世界食糧計画(WFP)日本事務所
ウェブサイト::https://ja.wfp.org/


World Food Day Event 2020
“Grow, Nourish, Sustain. Together. Our Actions are our Future”

With events organized in over 150 countries around the world, #WorldFoodDay is one of the most celebrated days in the UN calendar. They promote worldwide awareness and action for those who suffer from hunger and for the need to ensure healthy diets for all. This year’s theme is “Grow, nourish, sustain. Together. Our actions are our future”. As countries are dealing with the widespread effects of the COVID-19 pandemic, World Food Day 2020 will call on countries to build more resilient and robust food systems and for global solidarity to help all populations, and especially the most vulnerable to recover from the crisis. We celebrate #FoodHeroes, farmers and workers throughout the food system, who are making sure that food makes its way from farm to table despite these challenging times.

On 16 October, World Food Programme (WFP) Japan Relations Office, jointly with Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan and International Fund for Agricultural Development (IFAD) , will organize an online event, mainly for the Japanese audience. With the attendance of the three Rome-based agencies working in the area of food and agriculture, the event will discuss ways to realize a world free from hunger and malnutrition and to achieve the Sustainable Development Goals (SDGs). The panel discussion will be moderated by Ms Hiroko Kuniya, a newscaster. 

 

Event information

Date and Time: 16 October 2020, 16:00 – 17:30 (JST/GMT+9)

Mode of participation: Online (Zoom)

Organizer: FAO Liaison Office in Japan

Co-Organizers: IFAD, WFP Japan Relations Office

Languages: Japanese and English (simultaneous interpretation available)

Registration: Required. Please register from this registration form. (500 participants will be admitted on a first-come-first-served basis at the event.)

Event hashtags#WorldFoodDay #FoodHeroes  #世界食料デー

 

Programme

*The programme is subject to change without notice.

16:00 Opening and technical announcements

16:05  Welcome remarks by MOFA

16:10 Presentation on the World Food Day 2020
                       Ms. Eriko Hibi, Director, FAO Liaison Office in Japan

16:20  Panel Discussion

                     Moderator: Ms. Hiroko Kuniya, FAO National Goodwill Ambassador for Japan

                     Panelists:

                     MAFF: Ms. Kyoko Nishi, Director, International Policy Division, International Affairs Department

                     IFAD: Mr. Ron Hartman, Director, Global Engagement, Partnership and Resource Mobilization Division

                     WFP: Ms. Naoe Yakiya, Director, WFP Japan Relations Office

                     FAO: Ms. Eriko Hibi, Director, FAO Liaison Office in Japan

17:00 Q & A

17:25 Remarks by Mr. Katsuhiro Nakamura, FAO National Goodwill Ambassador for Japan

17:30 Closing

 

About the Organizer and the Co-Organizers

Food and Agricultural Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan
Website: http://www.fao.org/home/en/
Liaison Office in Japan: http://www.fao.org/japan/jp (Japanese)
More on FAO-Japan partnership: http://www.fao.org/in-action/japan-fao-partnering/en/

International Fund for Agricultural Development (IFAD)
Website: https://www.ifad.org/en/
More on IFAD-Japan partnership: https://www.ifad.org/en/web/knowledge/publication/asset/39450069

World Food Programme (WFP) Japan Relations Office
Website: https://ja.wfp.org/

Topics
食料安全保障 食品ロス 飢餓をゼロに
お問い合わせ

WFP国連世界食糧計画日本事務所 

広報コンサルタント 我妻 茉莉
Tel. 03-5766-5211 Email. press@wfp.or.jp