最新情報

【職員に聴く】押し寄せるロヒンギャに食糧支援を行って

国連WFPバングラデシュ、コックス・バザール事務所のプログラム・ポリシー・オフィサーであるスニー・シンは、2017年8月下旬にロヒンギャ難民が大規模発生した当初、真っ先に支援に取り掛かった1人でした。危機発生から3カ月経った昨年12月に、危機の状況や、国連WFPでの仕事、自身の経験などを聞きました。

【開催報告】第18回国連世界食糧計画(WFP)国会議員連盟総会・懇話会 

12月12日(火)、初来日したデイビッド・ビーズリー国連WFP事務局長と共に、第18回国連世界食糧計画(WFP)国会議員連盟総会が開催されました。国会議員18人をはじめ、政府関係者や、20社の民間企業からの参加者等、あわせて87人が出席しました。

WFP議員連盟は、飢餓のない世界へむけた国連WFPの活動を支援するという趣旨に賛同した国会議員によって、2002年に設立された超党派の国会議員連盟です。

WFP Ambassadors

【開催報告】 国連WFP事務局長×竹下景子 「紛争と飢餓~スーダンと支援の現場から~」

12月11日(月)、紛争と飢餓をテーマにしたトークイベントを都内の東京ウィメンズプラザで開催し、国連WFP事務局長デイビッド・ビーズリーと、竹下景子国連WFP協会親善大使が登壇しました。当日は154名の方々が参加。ビーズリー事務局長は「紛争と飢餓:飢餓ゼロに向けた国連WFPの役割」と題した講演、そして、竹下さんは、10月のスーダン視察を受けて、トークショー「紛争と飢餓~スーダンの支援現場から~」を行いました。また、竹下さんの長年の活動に対する感謝状が事務局長から贈呈されたほか、2人の対談も行われました。

紛争で40万人が流入、竹下景子さんがスーダンの難民キャンプを視察

スーダンは、数十年もの間、数々の内戦や紛争を経験しており、現在も西部のダルフール地域などで戦闘が続いています。また2013年末に南スーダンで始まった紛争以来40万以上もの難民が押し寄せています。更に、慢性的な貧困、自然災害、経済の悪化などにより、スーダンでは人口の46.5%が貧困層に属し、4人に1人が栄養不良に陥っています。そのような中、国連WFPはスーダン各地に計18事務所を構え、計1,155人の職員を擁し、緊急支援から復興支援まで、幅広く活動しています。

   

Video