最新ニュース


15 May 2016

「WFPウォーク・ザ・ワールド2016」横浜を4,658人が歩く

5月15日(日)、今年で11回目となるチャリティーウォーク「WFPウォーク・ザ・ワールド」が開催され、横浜みなとみらいを過去最多の参加者が5kmもしくは10kmのコースを歩きました。

Earthquakes
11 May 2016

熊本支援 嘉島町ではボランティアセンターに

昨日、嘉島町では、熊本県内で2棟目となる国連WFPの可動式倉庫が完成しました。長さ24m x 幅10m の大型倉庫は、ここでは物資倉庫ではなく災害ボランティアセンターとして使用されることになり、さっそくボランティアさんを迎える準備が始まりました。

Earthquakes
06 May 2016

熊本支援、大津町に国連WFPの大型倉庫が完成

本日、国連WFPの可動式倉庫が、熊本県の大津町に完成しました。長さ 24m x 幅10m の大型倉庫は、時折、雨の降る中、被災された地元の方々や、大津町職員の方々、ボランティアの皆様、国連WFP職員が力を合わせて組立てました。

Earthquakes
02 May 2016

国連WFP、熊本地震を受け救援物資輸送を支援

横浜発-4月14日・16日に大地震に襲われた熊本県で、県や市町村が被災した方々の支援を進める中、国連WFPは、救援物資の輸送支援活動を開始しました。

Earthquakes
02 May 2016

エクアドル:目の前で崩れ落ちた我が家

エクアドル地震を経験したスージー・リンコネスさんは、地面が揺れ始めたときの恐怖の瞬間-目の前で彼女の家が崩れ落ち、それを無力にも眺めることしかできなかったときのことを語ってくれました。

Nutrition
28 April 2016

ギニア:HIV陽性の母親への栄養支援

ジャミラトさんは第一子妊娠時にHIV陽性であることが発覚しました。大きなショックを受けて呆然としていた折、友人から勧められたのが、国連WFPが支援する診療所に行くことでした。通院をはじめた結果、2人の健康な子どもを授かることができ、今は仕事復帰のための準備を始めています。

Earthquakes
27 April 2016

エクアドル地震緊急支援、支援対象者を26万人に拡大

キト(エクアドル)発 - 国連WFPは25日、エクアドルの地震で被災し、食糧や生活必需品が極度に不足している26万人の住民を対象に、緊急支援を開始しました。

Nepal
22 April 2016

ネパール地震から1年 より強い社会への再建を目指して

カトマンズ発-9,000人の命を奪い、総額70億米ドルもの被害を及ぼしたネパール地震発生から、25日で1年。国連WFPは、もっとも食糧難に苦しむ被災者が置き去りになることのないよう、ネパール政府と連携し、支援を続けています。

Earthquakes
20 April 2016

エクアドルの地震被災地に支援食糧を輸送

キト(エクアドル)発-エクアドル沿岸で発生したマグニチュード7.8の地震により、400人以上が亡くなり、多くの人が人道支援を必要とする中、国連WFPは8,000人分の支援食糧を現地に輸送中です。

Earthquakes
19 April 2016

エクアドル地震緊急支援

南米のエクアドルでは、16日夜(日本時間17日午前)に発生したマグニチュード7.8の大地震により、多くの人々が被災しています。国連WFPは、エクアドル政府と連携をとりながら、被災地のもっとも弱い立場の方々に対して緊急支援を行う準備を進めています。