最新ニュース


19 February 2010

日本政府、WFPを通して15カ国へ113億円規模の食糧支援

横浜発:日本政府はWFPへ対して、およそ113億円の拠出を供与した。この拠出金は、アジア、アフリカの15カ国において、栄養不良児、妊婦、授乳中の母親など、最も弱い立場にある人々に、必要とされる栄養を強化する食糧支援活動および、アフガニスタン、ソマリア、コンゴ民主共和国における輸送活動に活用される。
Aid professionals
16 February 2010

WFP新事務局次長(渉外担当)にラミロ・ロペス・ダ・シルバ

ローマ発:ジョセット・シーランWFP事務局長は、新しい事務局次長(渉外担当)にWFPで25年の経験を持つラミロ・ロペス・ダ・シルバを任命した。ロペス・ダ・シルバはポルトガル国籍で、最近では大地震に見舞われたハイチにおける支援活動を指揮するなど、緊急支援活動のベテラン。
15 February 2010

WFPが釜山国際広告祭で国際名誉賞を受賞

このたび、韓国で開催された釜山国際広告祭において、WFPの公共広告活動に対して国際名誉賞が授与されました。この賞は、よりよい社会を作るためにすぐれた公共広告活動を行った団体に対して贈られる賞で、WFPが初の受賞団体に選ばれました。
Earthquakes
04 February 2010

ハイチ支援 国際社会からWFPへ多額の支援

ジョセット・シーランWFP事務局長は、ハイチにおける緊急支援活動に対して国際社会から巨額の支援が集まったことに謝意を述べた。
03 February 2010

知花くららさん、フィリピン洪水被害地を視察 知花さんのコメント

フィリピンは去年、台風16号(現地名「オンドイ」)、17号(現地名「ペペン」)など大型台風の直撃を相次いで受け、過去40年で最悪の記録的豪雨に見舞われました。台風襲来から2ヵ月半がたった12月、WFPオフィシャルサポーターの知花くららさんが被災地を訪問しました。知花さんのコメントと視察のレポートをお届けします。
Earthquakes
01 February 2010

ハイチ クーポン券を使った食糧配給開始

WFPは1月30日、ハイチの地震被災者への支援活動を拡大させるため、クーポン券による食糧配給を開始した。
Logistics
25 January 2010

支援物資の輸送が最大の課題 

ハイチ大地震発生を受け被災地を訪れたWFPのジョセット・シーラン事務局長は、ハイチでの食糧支援は、「WFPの歴史の中で最も難しい支援活動」とし、道路や港などのインフラが壊滅的な被害を受けている中、早期に食糧配給のための物流網を確立することが極めて重要だと述べた。
Earthquakes
18 January 2010

WFP、ハイチでのべ20万人に食糧を配布

<食糧支援活動を強化>ハイチの大地震を受け、WFPは地震発生の翌日にはおよそ3千人を対象に食糧の配布を開始。最終的には200万人を対象に、6ヶ月食糧を届けることを目指し、緊急食糧支援活動を拡大させている。
Earthquakes
15 January 2010

WFP、ハイチで食糧の配布を開始

WFPはハイチの大地震から一夜明けた13日(水)、首都ポルトープランスの南東にあるジャクメルという街で3000人の被災者に食糧を配布した。
Hunger in the news
14 January 2010

WFP、ハイチで地震被災者に緊急食糧支援開始

ローマ発:今週火曜日午後5時ごろ、マグニチュード7の大地震に襲われたハイチで、WFPは緊急食糧支援活動を立ち上げた。この大地震の被災者はかなりの数に上るとされ、WFPは職員や物資を総動員し、一刻も早い食糧支援に向け全力を尽くしている。