最新ニュース


25 February 2011

食糧価格高騰 -途上国の人々とWFPの支援活動への影響

食糧価格が高騰しています。国際連合食糧農業機関(FAO)が1月に発表した食料価格指数は、231ポイント。過去最高値だった2008年の213.5ポイントを上回り、FAOが統計を取りはじめてから最高値を更新しました。
Food Prices
16 February 2011

食糧価格高騰について10の質問

食糧価格の高騰がいま、話題となっています。最新の食料価格指数は、2008年の食糧危機のピーク時の指数を上回りました。今のところ、前回のような危機には至っていませんが、食糧価格は今後も高止まりすることが予想されるため、懸念が高まっています。
Procurement
15 February 2011

WFP、途上国から記録的な額の食糧を購入

WFPは昨年、12億5千万ドル相当の食糧を調達しましたが、そのうち、途上国からの食糧購入額は過去最高となりました。エチオピア、ベトナム、グアテマラなど96カ国で購入した食糧は、パキスタンにおける洪水被災者支援、ハイチの地震被災者支援、干ばつに苦しむアフリカ・サヘル地域における食糧支援などに活用されました。
ED's Centre
07 February 2011

WFPジョゼット・シーラン事務局長声明文 中東の情勢不安の背景にある食糧問題について

中東ではここ数週間、情勢不安が拡大していますが、これは、人々の怒りを鎮静化させ、社会を安定させるためには、いかに食糧事情の安定が重要かということを私たちに警告しています。
Floods
02 February 2011

洪水発生から6ヶ月 食糧支援を通じて立ち直るパキスタンの人々

ローマ発: 洪水発生から6ヶ月が経過したパキスタンでは、各地で被害状況にあわせた復興支援が進められている。パキスタン北部と中部では人々はすでに故郷に帰還し、家を建て直し、作付をするなど、もとの生活を取り戻そうとしている。
Nutrition
28 January 2011

WFPからダボス会議へのメッセージ「栄養改善は将来への投資」

ダボス発: 今週、スイス・ダボスでは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開かれ、経済界や政界のリーダーたちが、貧困や食糧価格高騰などの世界規模の問題について討議している。WFPも同会議に参加し、世界の経済界要人や政治家たちへ飢餓撲滅への支援を働きかけている。
Floods
20 January 2011

洪水被害のスリランカで緊急食糧支援

コロンボ発: スリランカ東部では大雨により洪水被害が発生し、100万人が被災した。WFPは、以前より行っていた復興支援プロジェクト用に国内に備蓄していた食糧を活用し、緊急食糧支援を開始した。
12 January 2011

日本政府、WFPを通じて20カ国へ1億9660万ドルの記録的な食糧支援

横浜発: 日本政府はWFPへ対して、一回の拠出額としては過去最大となる、1億9660万ドル(約164億円*)の記録的な拠出金を供与した。この拠出金は、アジア・アフリカの20カ国において、最も弱い立場にある人々に不可欠な食糧と栄養を届ける食糧支援活動、および8カ国における輸送活動に活用される。
Earthquakes
12 January 2011

ハイチの現状とWFPの活動概要

ハイチで多数の死傷者を出した大地震の発生から、ちょうど1年が経ちました。WFPは発生直後から緊急食糧配給を開始。現在も200万人に食糧支援を継続中です。WFPはハイチに未来の礎が築かれる日まで、支援を続けていきます。
22 December 2010

知花くららさん 上智大学で講演会

11月29日、上智大学において、「今日の世界と国連機関とNGO ~世界と共に生きる私たちにできること~」と題する講演会が行われ、そのスピーカーとしてWFPオフィシャルサポーターの知花くららさんが出演しました。知花さんは上智大学の卒業生。母校での講演は、「今、ここから”未来への種まき”」のタイトルで保田由布子WFP日本事務所広報官とのトークショー形式でお話をされました。会場には500人以上の学生さんが詰めかけ、先輩である知花さんのお話に聞き入っていました。