「食事を決めるのは私」自信取り戻すロヒンギャ女性

Published on 08 March 2018

©WFP/Saikat Mojumder

3月8日は国際女性デーです。多くのロヒンギャ女性が、武力衝突が起きたミャンマーから、命がけの逃亡の末バングラデシュにたどり着き、難民生活を送っています。
国連WFPは9万人のロヒンギャの人々へ電子バウチャー(食糧交換券)を渡し、店で必要な食材を購入できるようにしています。電子バウチャーは家族の中でも女性に配られ、何を買うかの決定権を委ねることで、女性の生きる力を引き出しています。
自信を取り戻し始めた女性たちが、過去の恐怖の体験と未来への思い、そして家族の暮らしを支え、食べさせるための奮闘を語ってくれました。

アミナ・カトゥン

アミナはバングラデシュに来て1年半。昨年8月末に武力衝突が激化する前から避難しており、夫と子ども2人と暮らしています。
「ひどい暴力から逃れてバングラデシュに来ました。人々は殴り殺され、車で家から連れ去られて、自由に動くこともできませんでした。逃げなければ、私たちも犠牲になるところでした。
交戦が始まると、私たちは食べることも座ることもできませんでした。銃撃戦から、みんな走って逃げました。最初は別の土地で食べ物を探そうとし、時には物乞いもしました。その後、国連WFP から食糧を受け取るようになったのです。」
アミナは国連WFPの電子バウチャーを持ち、店で必要な食べ物を選びます。これによって人々は、多様な食材を摂ることができるようになります。また、女性たちは家族のために食材を選ぶことで、自分が物事を決められるという自信をつけていきます。
「本当にありがたいです。私たちはここでほとんどの食材を見つけられるし、安全に食べ物を確保し、平和に食べることができます。配給を受けるため、押し合いながら列に並ぶ必要もありません。私たちは正々堂々と、食べ物を受け取ることができます。
周りの人は私のことを、電子バウチャーを持ち、家計を預かる立場の人間だとみなしてくれます。私の知る国連WFPの職員はみなさん、敬意と気遣いをもって接してくれて、嬉しいです」

 

サエラ・ベガム

サエラは8人の家族とともに、半年前にバングラデシュへ来ました。
「私たちは正義を求めています。私が見たすべての暴力、奪われたすべての命のために。正義が保たれて初めて、私はミャンマーに帰れる。さもなければ、私は死ぬまでここに留まるつもりです」彼女は世界に向けて、こう訴えました。

 

コーディザ

 コーディザは30年以上、難民生活を送っています。6人の子どもたちは全員バングラデシュで生まれ、難民キャンプで育ちました。
「父と母はミャンマーで殺され、夫と私はバングラデシュに逃げて来ました。つい1年前、大勢の人がミャンマーから逃げてくるようになって、バルカリ難民キャンプに移ってきました。
ミャンマーでは豊かな食べ物、私たち自身の土地、牛…すべてが私たちのものでした。でも、私たちは何もかも残して逃げなければなりませんでした。
ミャンマーからたくさんの人が逃げ出してきた時、ミャンマー国内にはまだ私の姉妹が2人残っていました。数日前、彼女たちへの電話が通じなくなりました。そしてちょうど2日前、近所の人に電話をすると、姉妹は2人とも死んでしまったと言われました。悲しくて、声も出ませんでした。
これまで私は、支援食糧を得るため列に並んでいました。もらえるものは、何でもありがたく受け取りました。でも電子バウチャーはそれよりはるかに便利です。混乱も怒鳴り声もなく、平穏に買い物ができます。もう何百人もの人と一緒に列を作る必要はないのです
今、私は今日何を食べるか、明日何を買うかを自分で決めることができます。魚の干物、にんにく、新鮮な野菜、香辛料、私が必要なものを何でも、いつでも買うことができるのです」

 

昨年8月25日にミャンマーで武力衝突が激化する前、国連WFPはバングラデシュで、最長で30年以上滞在しているロヒンギャ難民3万4,000人に食糧支援を実施していました。その後、67万人以上が国境を越えて流入したことで、難民キャンプは世界最大の規模に膨れ上がっています。

国連WFPは昨年8月以降、難民88万人に対して、命を救うのに必要な食糧を提供しました。また、妊産婦と5歳未満の子どもを対象とした施設を17カ所設け、栄養強化食品などによる支援も行っています。

 

 

国連WFPでは、バングラデシュをはじめとした世界各地で緊急支援を行っております。
皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いします。

 

<寄付方法>
▼Webサイトから

▼お電話で 0120-496-819(通話料無料・年中無休)

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「緊急支援」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001)
口座種類・口座番号:普通預金 0887110
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※緊急支援の使途指定および領収書発行につきましては、お手数ですが国連WFPまでご連絡ください。

※国連WFPへのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。

【お問い合わせ】国連WFP
電話: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年中無休)
携帯電話・PHSからもつながります。