10月16日世界食料デー記念シンポジウム「移住と食料問題」

Published on 04 October 2017

国谷裕子さん(NHK「クローズアップ現代」の元キャスター・日本担当FAO親善大使)と一緒に、世界の食糧問題を考えてみませんか?(参加無料)

近年、世界的な人の移動(移住)が加速しており、世界の7人に1人が本来の居住地から離れて生活しています。その主要因となっているのが、飢餓や貧困、紛争などです。このイベントでは、移住の現状や影響、そして移住の根本原因ともなる貧困や飢餓などの解消に働きかける支援活動や農村開発などについて紹介します。

国連WFPからは焼家直絵代表がパネルディスカッションに登壇。進行役は、あの国谷裕子さんです!シンポジウム後のレセプションでは、日本人で初めてミシュランの星を獲得したFAO親善大使・中村勝宏さんが、通常なら廃棄されてしまう魚の“あら”を使ったラーメンをふるまってくださいます。フードロス対策に取り組む中村シェフに今日からできる実践法を伺います。

10月16日(月)17時~、渋谷区にて開始。詳細・申し込みはこちらをクリックして下さい。先着100名様ですのでお早めにお申し込み下さい。

【国連WFP、国連食糧農業機関(FAO)、国際移住機関(IOM)共催】