国連WFP子ども絵画コンクール ~食がひらく未来~

Published on 26 July 2017
バングラデシュのアニカちゃん(9歳)の作品

国連WFPでは「飢餓をゼロに」をテーマに、2017年度子ども絵画コンクールを開催しました。国連WFPが学校給食支援を実施している22カ国の子どもたち数千人から色とりどりの素敵な絵が集まりました。ここでは入賞作品の一部をご紹介します。

毎日、世界のどこかで何万人もの子どもたちがおなかをすかせたまま学校へ通っています。空腹だと、授業に身が入らず、しいては学習意欲が低下したり、潜在的能力を生かす機会を失ったりすることもあります。子どもたちが食事の心配なしに勉強に集中できるよう、国連WFPは60か国以上で学校給食を提供したり、また、他の10カ国では政府が主体となって実施する学校給食への技術支援を行ったりしています。

これは、中央アジアのキルギス共和国より、べギマイちゃん(10歳)の作品です。大きくなったら学校の先生になりたいというベギマイちゃん。バランスよく食べて、元気にしっかり学びたいという気持ちが伝わってきますね。

アフリカのジブチより、サルサビラくん(10歳)の作品です。家族や友だちと一緒にごはんを食べることの重要性、幸せは万国共通です。

インドより、スラダンジャリちゃん(10歳)の作品です。学校でも家でも、バラエティに富んだ食事はおいしく体にもいいですね。

これは、中東ヨルダンよりアレッジちゃん(12歳)の作品です。食べものが豊富に手に入る人、あるいは時に食べ残すほどあり余る人と、欲しくても手に入らない、特に子どもたちとの不平等性の対比がとても印象的です。

最後に、中南米カリブのキューバより、ディエゴくん(10歳)の作品です。子どもたちは時に自分たちの夢だけでなく、世界の夢を大きく語ります。ディエゴくんの絵からは、世界のあらゆる人びとが協力して、飢餓のない世界を創っていく、という力強い夢が伝わってきます。