ルワンダ:難民キャンプで徹底される2歳未満児への栄養支援

Published on 16 June 2017

Photo: WFP/Rein Skullerud

国連WFPは他団体とも協力し、東アフリカ・ルワンダにあるムゴンバ難民キャンプで毎月8,000人以上の難民に食糧支援を行っています。食糧の全てを人道支援に頼って生きている難民たちの中でも、国連WFPは特に、母子への栄養支援を強化しています。3人兄弟の末っ子・ケネディの栄養改善のため保健センターを訪れていた、24歳のジャクリーンに話を聞きました。

難民キャンプ内で国連WFPは、中程度および急性栄養不良と診断された5歳未満児と妊産婦への栄養強化や、2歳未満児の発育阻害および微量栄養素不足を予防するため、栄養強化食品の配布のほか、栄養指導なども行っています。保健センターでは、両親を対象とした子どもの栄養不良を予防するためのカウンセリングも行われます。

ケネディは定期検診の際に深刻な栄養不良状態にあると診断され、栄養状態を改善するため、保健センターで毎日、栄養強化されたお粥が提供されるプログラムに参加することになりました。それから2カ月、ケネディの栄養状態は中程度の栄養不良まで改善しています。

子どもの栄養状態が改善してからも、スーパー・シリアルという持ち帰り用の栄養強化された穀粉は配布され、2歳の誕生日を迎えるまで支援は続きます。また、このスーパー・シリアルの配布は難民キャンプにいる全ての2歳未満児を対象に行われています。

国連WFPは、発育阻害を徹底的に予防するため、ルワンダの難民キャンプにいる、生命の「最初の1,000日間」に当てはまる、全ての妊産婦と2歳未満の子どもを対象に栄養強化食品を配布しています。栄養強化食品を配布することで、子どもの発育阻害の発生は大幅に減らすことができるからです。

最後に、ケネディの母ジャクリーンは、国連WFPから受け取る3人の子どもたちへの、そして、家族全員への食糧支援に感謝しつつも、まだまだ足りていないと話してくれました。

国連WFPの支援活動はすべて任意の拠出金や寄付金によってまかなわれています。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

 

<寄付方法>
▼Webサイトから

▼お電話で 0120-496-819(通話料無料・年中無休)

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「母子栄養支援」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001)
口座種類・口座番号:普通預金 0887110
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※使途指定および領収書発行につきましては、お手数ですが国連WFPまでご連絡ください。

※国連WFPへのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。

【お問い合わせ】国連WFP
電話: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年中無休)
携帯電話・PHSからもつながります。