世界最年少で冒険家グランドスラム達成の南谷真鈴さん きっかけはネパールの少女

Published on 18 April 2017

Photo: Marin Minamiya

2016年、日本人最年少の19歳でエベレストに登頂し、さらに7大陸最高峰を踏破した南谷真鈴さん。2017年4月には北極点へ到達し、世界最年少で「冒険家グランドスラム(世界7大陸最高峰および南極・北極点を踏破すること)」を達成されました。その挑戦のきっかけとなったのは、国連WFPの支援を受けたネパールの少女、ニムドマ・シェルパさんでした。

 

貧しい家に生まれ、国連WFPの給食支援で育ちながら17歳でエベレスト登頂を達成したニムドマさんの挑戦に、南谷さんは勇気をもらったと言います。そのふたりが初めてテレビ電話で対面しました!ぜひ動画をご覧下さい。