プレスリリース

国連WFPの活動に関する主要な公式発表です
フィード購読する

13 February 2017

日本政府、国連WFPを通じ33カ国に8,520万ドルの支援

横浜発―この度、国連WFPは日本政府より、人道支援活動に対し8,520万米ドルの供与を受けることとなりました。この拠出金は、アフリカ、アジア、中東の33カ国において重要な食糧・栄養支援活動に役立てられます。

30 January 2017

「飢餓ゼロ」達成に向けた5つの方法

2015年9月、国連総会で、世界を変えるために2030年までに達成すべき17の目標「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、略称SDGs)」が採択されました。その2番目の目標が「飢餓をゼロ」にすること。この目標を達成するために有効な5つの方法をご紹介します。

Syria
20 January 2017

【シリア危機】いまだに子ども200万人が支援困難~紛争と喪失しか知らずに生きる子どもたち~

国連WFP事務局長アーサリン・カズン、ユニセフ(国連児童基金)事務局長アンソニー・レーク、国連人道問題担当事務次長ステファン・オブライエン、世界保健機関(WHO)事務局長マーガレット・チャン、国連難民高等弁務官(UNHCR)フィリッポ・グランディは、16日、共同で、シリアでいまも人道支援が絶たれている人々へのアクセスを求める声明を発表しました。

18 January 2017

世界食料デーキャンペーン2016から、1万1,459人に1年間学校給食が届く

国連WFPが2016年10月1日から3カ月間展開した「世界食料デーキャンペーン2016 わたしがつなぐ“赤いカップ”と子どもたちの未来」の期間中、個人の皆様からご寄付いただいたほか、チャリティーオークションを通じたご協力や、企業、団体、学校でのイベント開催などの取り組みや、チャリティー商品の販売を通したご協力をいただきました。昨年に引き続き、2回目となる今回の世界食料デーキャンペーン2016では、1万人の子どもたちに1年間学校給食を届けることを目標に掲げて実施し、昨年の1万378人を上回る1万1,459人を達成。学校給食支援の輪を広げています。

Syria
27 December 2016

民間からの寄付金3,000万円をシリアに送金

12月27日(火) 、日本の個人や企業・団体の皆様からいただいた寄付金3,000万円をシリア国内での支援活動のため送金しました。

Syria
21 December 2016

【動画】シリア・アレッポ東部で食糧支援開始

国連WFPはアレッポ東部から避難する市民に対し、炊き出しやパンなどの食糧配布をしてきました。現在、ようやくアレッポ東部への立ち入りが可能となり、困窮する数千人の市民への緊急支援に奔走しています。

Syria
16 December 2016

シリア・アレッポ東部から避難する人々に国連WFPの食糧が届く

ぼろぼろの所持品を背負い、幼い子どもを抱えて、雨の中、凍えながらシリアのアレッポ東部から避難してきた人たち。その多くの人々が、家や愛する人を爆撃で失っていました。激しい戦闘から逃れ、ようやく避難所にたどり着いた人々に、国連WFPはパンや温かい食事、缶詰を配布しています。

Syria
15 December 2016

シリア・アレッポへ、命をつなぐ食べ物を

激しい戦闘が続く、シリア・アレッポ。世界がホリデーシーズンを前に華やぐこの季節、この街の住民は苛酷な日々を送り、恐怖や飢えとたたかっています。いつ次の食糧を手に入れられるのか分からない中、生き延びることが唯一の願いという状況に置かれているのです。

14 December 2016

仙台で国連WFPの写真展開催

国連WFPでは、12月14日(水)~12月29日(木)の期間、ニコンプラザ仙台で国連WFPの活動紹介と、竹下景子国連WFP協会親善大使のスリランカ視察の様子を収めた写真展「未来への一歩~竹下景子 復興のスリランカを訪ねて~」を開催します。

For Individuals
28 November 2016

【参加者募集】 「飢餓をゼロに~連携のチカラと、次世代への期待~」(於・上智大学)

12月、当機関のナンバー2にあたるエリザベス・ラスムーソン事務局次長が来日します。これを機に、上智大学にて公開セミナー「飢餓をゼロに~連携のチカラと、次世代への期待~」を共催し、民間企業との連携や国際協力の新しい展開などについて語ります。ぜひご参加下さい。