南スーダン:収穫期でも続く飢餓の危機 依然として480万人が深刻な食糧不足

Published on 14 November 2017
WFP/Sabine Starke

【ローマ/ジュバ(南スーダン)発】 長引く紛争のためにハイパーインフレーションが起き、収穫期を迎えているものの多くの人が食糧を得られず飢きんが終わることはない、との報告書が発表されました。深刻な食糧不足の状態にある人の数は10月から12月には480万人と予測され、昨年の同時期よりも140万人多くなっています。また、飢えに苦しむ人の5人に1人は5歳未満の子どもだとされています。

南スーダンは収穫期を迎えているものの、紛争が国内のほとんどの地域で続き、ハイパーインフレーションが起こっているために、多くの人々が食糧を得られず、飢きんが終わることはないと、南スーダン政府およびユニセフ(国連児童基金)、FAO(国連食糧農業機関)、国連WFPならびに人道支援のパートナー団体により発表された、総合的食料安全保障レベル分類 (Integrated Food Security Phase Classification、略称IPC)の最新報告書は指摘しています。

「大規模な人道支援によって、今年、南スーダンの一部で発生した飢きんを止めることができました。 しかし、現在の収穫期においても、何百万人もの人々が生き延びるために援助を必要としています。2018年、食糧が底を突きる時期には、最悪の場合、複数の場所で飢きんが起きる可能性があります。」と国連WFP南スーダン事務所のアドナン・カーン代表は語りました。

以然として480万人が深刻な食糧不足

全国で深刻な食糧不足の状態にある人々の数は6月時点の600万人から、10月―12月には480万人に減少すると予測されます。しかし、この480万人という数字は昨年同時期より140万人多く、その増加数の多くは「緊急」段階(IPCの5段階分類の第4段階)に分類されます。

食糧不足の状況は、2018年初頭から悪化し、食糧の備蓄が底をつき次の収穫を待つ時期が、例年より3カ月早く訪れると予測されます。多くの人々は、食糧備蓄がなくなると対応するすべを持たず、彼らの置かれている状況はさらに脆弱化すると予測されます。 子ども110万人以上が栄養不良に陥る恐れ 栄養不良も、昨年同時期と比較して悪化しています。調査によれば、栄養不良に陥っている人の割合は、ほとんどの地区でWHOが栄養不良の危機的レベルと設定している15%を超えており、いくつかの地区では30%以上になっています。

2018年には5歳未満児110万人以上が栄養不良に陥り、そのうち30万人近くが重度の栄養不良で死に至る危険性が高いと推定されます。

「南スーダンではあまりに多くの子どもたちが飢えています。飢えに苦しむ人の5人に1人は5歳未満の子どもです」とユニセフ・南スーダン事務所代表マヒンボ・ムドエは述べました。「そのために、多くの命が危険に晒される栄養危機が起きているのです」

食糧価格の高騰

政情不安により食糧の生産が妨げられる状態が続き、市場は混乱したままです。経済の悪化と相まって、食糧価格の極端な高騰を招いています。モロコシ、トウモロコシや小麦粉などの主食の穀物の大袋の値段は、昨年と比較して281%上昇、最も食糧が不足するピークの5月には560%上昇しました。

飢きんに対する支援

FAOは420万人に釣り道具や野菜の栽培セットを提供しました。そのほとんどが紛争下や支援を届けることが難しい場所に暮らす人々です。さらに、脆弱な状況にある家庭にとって大切な資産である480万の家畜にワクチン接種しました。

ユニセフはパートナー団体と協力して、今年すでに16万人以上の重度の栄養不良の子どもに治療を提供しました。年内に全国の20万7,000人の栄養不良に陥っている子どもへの支援を提供する予定です。ユニセフは、複数分野アプローチの一環として、75万人に安全な水を提供し、さらに23万人に衛生施設へのアクセスを提供しました。

国連WFPと連携団体は、2017年に南スーダンで460万人に対し現金や食糧を配布しました。これは、5歳未満の子どもの栄養支援を含みます。緊急支援移動チームはヘリコプターで135回以上にわたり、紛争によって隔離された地域に入り、180万人を支援しました。

 

(公財)日本ユニセフ協会提供の日本語訳をもとにしています。