戦火7年ー苦しみ続くシリア

Published on 15 March 2018
爆撃から地下室に身をひそめる女の子 東グータ Copyright: UN

【2018年3月14日 ダマスカス】シリアの7年に及ぶ紛争は、何百万もの人々に耐え難い苦しみをもたらしています。多くの地域で暴力が猛威をふるい、未だ政治的解決の道筋は立っていません。連日の爆撃の下でシリアの人々は終わりのない悪夢に苛まれ、罪のない多くの命が失われています。

安全な場所を求め、シリアの人口の3分の1以上の人々が国内で必死の避難を続けています。転々と国内避難を繰り返すことで、人々の飢えが深刻化しています。シリアでは今、650万人が食料を得ることが難しい状況にあり、さらに加えて400万人(去年に比べ2倍)が今後食料不安に陥るリスクにさらされています。

国連WFPシリア事務所のジェイコブ・カーン所長は「この危機に対する打開策を見出せずに日々やり過ごすということは、またもう一日シリアの人々を失望させるということです。第一に優先させることは、この紛争を終わらせることです。歴史への責任は私たちが負うことになります」と述べています。

かすかな希望の兆しや人々の力強さを伝えるストーリーが多くあるものの、ダマスカス近郊の東グータや、南部のダルアー、北部のイドリブとアフリンといった複数の前線では戦闘が激しさを増しています。これらの地域では一般の市民が大きな犠牲を払っています。

「私たちは人です。私たちは市民です。こんな理不尽なことはありません。私の子どもたちはお腹をすかせているのに、何も食べるものがないのです」と、一人の東グータの住民が国連WFPのスタッフに訴えました。2月にやっと人道支援物資を届けられた時のことです。激しい戦闘のため包囲された地域内に人道支援物資のトラックが入ることが非常に困難になっています。

【3月5日、東グータに4ヵ月ぶりに国連WFPを含む人道支援物資が届けられる】

紛争が始まって以来、多くの人々にとって手が届かないほどに食料価格が高騰しています。パンの値段は紛争前に比べて8倍も高くなっています。今日、10人に7人のシリア人が極度の貧困状態で暮らしています。

国連WFPは平和への声をあげ、支援を必要としている人々に食料やその他の人道支援を届けるための安全で、妨げのないアクセスが確保できるよう、紛争のすべての当事者に対して要請します。

 


▼お電話で 0120-496-819(通話料無料)

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「シリア緊急支援」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001)
口座種類・口座番号:普通預金 0887110
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※シリア緊急支援の使途指定および領収書発行につきましては、お手数ですが国連WFPまでご連絡ください。

※国連WFPへのご寄付は寄付金控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。

【お問い合わせ】国連WFP
電話: 0120-496-819 9:00~18:00(通話料無料・年中無休)
携帯電話・PHSからもつながります。