【結果報告】世界食料デーキャンペーン2017~10,225人に給食が届く~

Published on 24 January 2018

写真:JAWFP

国連WFPは2017年10月1日から12月31日まで展開した「世界食料デーキャンペーン2017 つなげよう!一杯の給食、いっぱいの夢」を通じて、途上国の子ども10,225人の給食1年分のご寄付を集めることができました。(※5,000円で子ども一人に学校給食を一年間届けることができます。)キャンペーンでは、著名人30名が応援、SNSを通じて8万件以上の一般の方々の協力も得ることができました。

3年目となった本キャンペーンでは、初めてSNSを活用したマッチング寄付にも取り組みました。これは、「給食の思い出」をテーマにSNSにハッシュタグ「#WFP給食の思い出」を付けて投稿すると、1投稿につき30円(学校給食1日分)を寄付協力企業が国連WFPの学校給食プログラムに寄付をするというもの。今回は30名もの著名人の協力も得て、SNSを通じた協力は計86,723件にのぼりました。
<内訳>
・「#WFP給食の思い出」投稿 9,511件
・著名人のSNS投稿に対するいいね/シェア 72,566件
・国連WFP公式アカウントの投稿に対するいいね/シェア 4,646件

<キャンペーンウェブサイトURL>
http://www.jawfp.org/worldfoodday2017/ (著名人30名の給食の思い出及びメッセージ掲載)

本キャンペーンでは、これまで国連WFPを知らなかった方や寄付をすることのハードルが高いと感じていた方にも、気軽に参加していただける機会となり、広く多くの日本の方々が「途上国の子どもたちに給食を届けよう!」と協力くださいました。

◆ご協力の著名人(五十音順・敬称略)◆
亜希、井上康生、浦浜アリサ、EXILE ÜSA、遠藤保仁、荻原健司、荻原次晴、岸本セシル、
KOuKA、さかなクン、祐真キキ、竹下景子、辰巳琢郎、知花くらら、つるの剛士、
富岡佳子、豊田愛魅、ナオト・インティライミ、野口健、桧山進次郎、ふなっしー、
ベリッシモ・フランチェスコ、雅姫、松田丈志、三浦雄一郎、三國清三、道端ジェシカ、
山下春幸、湯川れい子、渡辺真理

◆マッチング寄付協力企業(五十音順)◆
アルフレッサ ホールディングス㈱、キッコーマン㈱、日清食品ホールディングス㈱

◆マッチング寄付に関して◆
※マッチング寄付対象のSNSは、Instagram, Twitter, Facebookとし、寄付の上限は100万円としました。
※本キャンペーンへの協力著名人や国連WFPが、それぞれの公式アカウントで投稿したハッシュタグ「#WFP給食の思い出」付き投稿への「いいね」、およびシェア、リツイートもマッチング寄付の対象としました。

 

「世界食料デー」とは
世界の食料問題について考える日として制定された日、それが10月16日「世界食料デー」です。世界の飢餓や貧困、栄養問題についての関心と理解を深め、解決していくことを目的としています。