国連WFPニュース

最新ニュース


20 September 2018

世界食料デーキャンペーン2018 「Zero Hunger Challenge~食品ロス×飢餓ゼロ」

認定NPO法人国連WFP協会(横浜市、以下国連WFP)は「世界食料デー※」(10月16日)を挟んだ10月1~31日、世界の飢餓問題と食品ロス削減に、同時に取り組むキャンペーンZero Hunger Challenge~食品ロス×飢餓ゼロ」を実施します。

12 September 2018

世界の飢餓人口の増加は継続ー最新の国連報告書

飢えに苦しむ人々は8億2100万人、そして1億5000万人以上の子ども達が発育阻害にあり、飢餓撲滅の目標達成が厳しいものとなっています。

31 May 2018

EXILE ÜSAさんが国連WFPサポーターに!

2018年5月31日 横浜– 国連WFPは31日、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」のパフォーマーEXILE ÜSAさんをサポーターに迎え、飢餓のない世界の実現を目指し共に活動します。

25 May 2018

国連WFPは紛争と飢餓を関連づける国連安保理の決議を称賛

2018年5月24日 ニューヨーク―WFP国連世界食糧計画(国連WFP)の事務局長は本日、世界の紛争によって誘発される飢餓撲滅への道を開く決議を初めて採択した国連安全保障理事会のリーダーシップを歓迎しました。

25 May 2018

早期の行動と投資によって食料危機を回避し、世界の食料支援額を大きく削減することが可能に

ローマ - 世界の飢餓人口は増加傾向にあり、食料危機の広がりと共にその深刻さも増しています。国連WFPの「世界の食料支援:食料危機の予防(World Food Assistance 2018)」という新しい報告書は、これらの危機の原因や、その規模を決定づける要因、そして危機の予防についての調査報告をまとめました。

18 May 2018

モンスーンの季節を目前に、ロヒンギャ難民が移動できる安全な土地の整備を完了

【2018年5月8日ーバングラデシュ】ロヒンギャ難民支援にあたる人道支援機関は、モンスーンによる地滑りの被害から難民を守るため、新たな移動先の整備を完了しました。

Emergencies
09 May 2018

西アフリカ・サヘル地域で命を救うための緊急支援を要請

【2018年5月3日ダカール発】西アフリカのサヘル地域では500万人が食料支援を必要とし、160万人の子どもたちが重度の急性栄養不良のリスクにさらされ、さらには250万人の牧畜民や農耕牧畜民が緊急に生計をたてるための支援を必要としています。

 

01 May 2018

コロンビア:ベネズエラからの35万人の移民に対する緊急支援に4,600万米ドルを要請

パナマ市―ベネズエラからコロンビアに流出した35万人の貧困層の移民に対する緊急食料支援を始動させるため、国連WFPは4,600万米ドルの資金を必要としています。

03 April 2018

イエメン:食料保管庫の火災による被害状況を調査中

ホデイダ発 – 国連WFPは、3月31日(土)の早朝にイエメン・ホデイダ港で発生した食料保管庫での火災原因について調査しています。

15 March 2018

アプリ「FOODeliver」ダウンロードで給食を届けよう!

国連WFPは「国際学校給食デー」の3月15日から、スマートフォンアプリ「FOODeliver(フーデリバー)」を新規で無料ダウンロードすると、給食1日分(30円)が学校給食支援に寄付されるキャンペーンを始めます。