F.Y. 2006


 

2006年度事業報告(2006/1/1~2006/12/31)

1. 事業の概要と成果

2006年度は、以下3点の方針を掲げ、飢饉撲滅のための人道支援活動を推進しました。
1. 評議会の拡大と評議員企業・団体とのパートナーシップ強化
2. 知名度向上・寄付の増大を考慮した広報・イベント戦略
3. 透明性の高い組織マネジメントの実践
 
1.に関しては、256社(者)の評議員に参画いただき、当協会の活動のご支援をいただきました。また、評議員のうち、企業・団体の皆さまとは、個別具体的に従業員等の参加もふまえた国際社会貢献参加モデルの構築を進めることが出来ました。
2.に関しては、「アフリカの角」・飢餓救済キャンペーンなどの訴求性の高い各種事業を実施することによりWFP 国連世界食糧計画の知名度を向上させることに成功し、募金を通じた多額の資金協力をいただくことが出来ました。
3.に関しては、寄付金の使途を実際に現地で検証していただくフィールドツアーやメールニュース等を通じて、協力者のみなさまにWFPの活動を公開するなど迅速で透明性の高い情報公開に努めました。
 
以上の活動により、2006年度は、設立以来年間最高額となる223百万円という寄付収入を実現することができました。
 
主な実施事業は次項のとおりです。
 

2. 主な事業内容

事業名 事業内容 実施時期 実施場所 対象者
公共広告機構(AC)への広告掲載 WFP活動普及のためのTV CF、ポスター作成広告 通期 TV、電車中、新聞、雑誌 一般市民
募金活動 WFPの食糧援助活動を支援するための募金 通期 全国 WFPの食糧援助対象者、一般市民、企業、団体
チャリティーパーティー 寄付金及び情報交換のためのチャリティーパーティー 2月1日 東京都港区 参加者200名
ウォーク・ザ・ワールド 飢餓救済のためのチャリティウォーク 2006年5月21日 横浜みなとみらい地区 820名
第三回WFP作文コンクール 小・中学生対象の「世界の飢餓を考える」作文コンクール 6月20日~9月20日 全国10月16日発表、10月30日国連大学で表彰式 全国の小・中学生
応募者1,907名
パネル展 世界の飢餓の状況とWFPの活動の展示会 2006年10月
他数回
国連大学、市民会館、学校、{・㊨ョ
来場者 多数
「アフリカの角」・飢餓救済シンポジウム アフリカの角地域における飢餓の現状を報告し、援助を呼びかけるシンポジウム 2006年
9月4日
10月4日
10月5日

国連大学
名古屋
大阪
支援者・賛同者約720名
その他 事業目的遂行のための活動 通期 事務所等 多数
 

3.財務諸表